フォルクスワーゲンのコンセプトカー「up!」発表【フランクフルトショー07】

2007.09.14 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】フォルクスワーゲンのコンセプトカー「up!」発表

独フォルクスワーゲンは開催中の2007年フランクフルト・モーターショーで、コンセプトカー「up!(アップ)」を発表した。

コンセプトカー「up!(アップ)」は、国籍や社会人、学生といった立場を問わずドライブに行きたくなってしまう、と謳われる4人乗りの小型車。時を経てもそのアイデンティティの意義を失わない「時の流れに耐えるクルマ」と自負する。

全長×全幅は3450mm×1630mmに抑えられているが、リアにエンジンを搭載することによって、同サイズの他車とは一線を画した室内スペースを確保したとのこと。運転席を除くすぺてのシートが折りたたみおよび取り外しが可能であり、なおかつトランクに収納できる軽量シェルとしてデザインされている。そのため、フロントトランクやリアトランクに座席を収納して広大な荷室空間を形成することも可能。

「直感的な機能性」がコンセプトのインタフェースは、メーターナセルとインストゥルメントパネルの中央の両方に液晶モニターを設置。メーターナセルのディスプレイには車速、燃料残量、走行可能距離、現在のCO2排出量といった情報が表示される。

コンピューターの扱い方を知らない人でも簡単にシステムを操作できるというインストゥルメントパネルのディスプレイは、電話やナビゲーション、ムービーなどのあらゆる機能をタッチスクリーン経由で操作することが可能となっている。

商品化などの具体的な計画は明らかにされていない。

(webCG 玉城)

リアにエンジンを搭載したため、従来型のラジエターグリルをもたない
リアにエンジンを搭載したため、従来型のラジエターグリルをもたない

フォルクスワーゲンのコンセプトカー「up!」発表【フランクフルトショー07】の画像

フォルクスワーゲンのコンセプトカー「up!」発表【フランクフルトショー07】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
ホームへ戻る