第145回:新春、輸入車チョイ乗りリポート 〜いま『webCG』が気になるクルマはコレ!(その3)

2012.04.10 エディターから一言

第145回:新春、輸入車チョイ乗りリポート〜いま『webCG』が気になるクルマはコレ!(その3)


第140回::新春、輸入車チョイ乗りリポート 〜いま『webCG』が気になるクルマはコレ!(その3)

2011年の新車登録台数が前年を13%上回った、海外メーカーのインポートカー。今、どんなモデルが狙い目なのか? JAIA(日本自動車輸入組合)主催の試乗会に参加した『webCG』スタッフが、“一押しモデル”を価格別に紹介します。

【600〜900万円ならコレ】
「立派なクルマにお乗りですね!」なんて、ご近所もうらやむ高級車。買える、買えないはおいといて、この3台は要チェックです!?

Eならこれがいいメルセデス・ベンツE250ブルーエフィシェンシー……634万円

「メルセデス・ベンツEクラス」には、モデルチェンジ後のわずかな期間を除けば、常にエントリーモデルとして、排気量が2リッター台のモデルが設定されてきた。それらは時代により排気量が変わったり、カムシャフトの数が減ったり、また増えたりと、いろいろな変遷を遂げてきたが、4気筒ユニット搭載モデルは先々代のW210の導入初期に短期間だけ設定されていた「E230」以来となる。

最新の「E250ブルーエフィシェンシー」は4気筒とはいっても、ターボチャージャーにより出力とトルクが高められているため、“ゆとり感”は十分にある。多段化されたトランスミッション「7Gトロニック」のおかげで高速巡航時のエンジン回転数は極めて低く抑えられ、巡航時にはキャビンには上質な雰囲気がただよう。一方、そこからのトルクの盛り上がりもスムーズかつ十分な力強さを感じさせるもの。チープ感などはまったく感じさせない。これぞ積極的に選びたい狙い目グレードだ、と思う。

(webCG 曽宮)

走るジュエリーキャデラックCTSクーペ……666万円

どうですか、この直線デザインは! もう、何もかもがカックカク。気を抜いて洗車でもしたら、スパッと手先が切れそうだ(←やや大げさ)。
見た目のインパクトは、スーパーカー級。加えて、貴金属やクリスタルの凝縮感といいますか……スーパーな高級感をもたたえているのが、「CTSクーペ」のスゴいところ。
街行くひとが、指をさす。信号待ちでは、お隣さんがしげしげと眺める。「スゲェな、こりゃ!」だって。そうでしょう、いいでしょう!

インテリアも、それに見合った高級な仕立て。とがったシートがお尻に刺さる! なんてことはないのでご安心を。で、起動とともにそそり立つカーナビや電動ボタン式のドアオープナーなど、個性的なギミックはそこかしこ。メインターゲットとなる「40代」の、少年心をくすぐりまくる。

これなら、ライバル(=「C」とか「3」とか)もウカウカしてられないのでは……? 聞けば、オーナーの約3割は他ブランドからの乗換えだとか。セールスは、好調であるらしい。

(webCG 関)


第145回:新春、輸入車チョイ乗りリポート 〜いま『webCG』が気になるクルマはコレ!(その3)の画像
(写真=峰昌宏)
(写真=峰昌宏)

回さずに駆けぬける歓びBMW 535i xDriveツーリング……890万円

「523i」が直4になり、「528i」も直4に換装された。今や「5シリーズ」で“シルキーシックス”を味わおうと思ったら、800万円を超える「535i」しかないわけだ。もはや高嶺の花。自動車界の絹である。

その直6とて、以前とはちょっと様子が違う。3リッターのツインパワーターボユニットはトルクのピークにわずか1200rpmで達し、8段ATは2000rpm前後でシフトアップを繰り返すから、ほとんどエンジンを回した実感なしに乗れてしまうのだ。

また、スロットルペダルを大きく踏み込んだとしても、直噴化の影響か、トップエンドで若干荒い音色をともない、残念ながら先代のNAユニットのようなヌケのいい音がしない。こんな時代だから仕方ないとはいえ、シルキーは昔になりにけり、の感強し。

ただし、走行時の静粛性、インテリアの質感、シートの柔らかくもコシのある掛け心地と、総合的な“サルーン力”(テスト車の場合は“ワゴン力”)はこのクラス随一ではないだろうか? いつまでも直6にこだわっていた筆者は、ビーエムにとっくに追い越されてしまっていたらしい。

(webCG 竹下)


→新春、輸入車チョイ乗りリポート【400万円以下】はこちら
→新春、輸入車チョイ乗りリポート【400〜600万円】はこちら
→新春、輸入車チョイ乗りリポート【“超”高級クラス】はこちら

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー NEW

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson NEW

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!