「ダイハツ・シリオン」をマイチェン、スバルへOEM供給も【フランクフルトショー07】

2007.09.13 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】「ダイハツ・シリオン」をマイチェン、スバルへOEM供給も

2007年9月11日のプレスデーで幕を開けた、独フランクフルトショー(IAA)で、ダイハツ工業は小型乗用車の「シリオン」をマイナーチェンジし、発表した。

「シリオン」は、日本で販売される「ブーン」の輸出モデル。2004年11月から欧州を中心に販売されている。
今回のマイナーチェンジで、内外装の変更のほか、1.5リッターエンジン搭載のスポーティモデルを追加した。

さらにこのマイチェン後モデルは、富士重工業にOEM供給され、欧州において「スバル・ジャスティ」として販売される。なお、従来の「ジャスティ」は「スズキ・カルタス」のOEMモデル。

(webCG 本諏訪)


「ダイハツ・シリオン」をマイチェン、スバルへOEM供給も【フランクフルトショー07】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る