「ダイハツ・シリオン」をマイチェン、スバルへOEM供給も【フランクフルトショー07】

2007.09.13 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】「ダイハツ・シリオン」をマイチェン、スバルへOEM供給も

2007年9月11日のプレスデーで幕を開けた、独フランクフルトショー(IAA)で、ダイハツ工業は小型乗用車の「シリオン」をマイナーチェンジし、発表した。

「シリオン」は、日本で販売される「ブーン」の輸出モデル。2004年11月から欧州を中心に販売されている。
今回のマイナーチェンジで、内外装の変更のほか、1.5リッターエンジン搭載のスポーティモデルを追加した。

さらにこのマイチェン後モデルは、富士重工業にOEM供給され、欧州において「スバル・ジャスティ」として販売される。なお、従来の「ジャスティ」は「スズキ・カルタス」のOEMモデル。

(webCG 本諏訪)


「ダイハツ・シリオン」をマイチェン、スバルへOEM供給も【フランクフルトショー07】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 「フォルクスワーゲン・ポロ」に、ナビを標準装備した2台の特別限定車 2017.1.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月24日、小型ハッチバック「ポロ」に、特別仕様車「ポロ アクティブ」と「ポロ オリジナル」を設定し、前者が800台、後者が500台の台数限定で販売を開始した。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
ホームへ戻る