スズキ、「パレット」と「ソリオ」の燃費を向上

2012.02.27 自動車ニュース

スズキ、「パレット」と「ソリオ」の燃費を向上

スズキは2012年2月27日、軽乗用車「パレット」と「パレットSW」(NAエンジン・FF車)、小型乗用車「ソリオ」(アイドリングストップシステム搭載車を除くFF車)の燃費を向上させ、発売した。

「パレット」と「パレットSW」(NAエンジン搭載・FF車)は、エンジン制御が見直され、燃料カット時間が長く設定されたほか、低粘度のCVTオイルの採用によりCVT内の摩擦抵抗が低減された。これにより燃費は、従来の20.2km/リッターから20.8km/リッター(JC08モード)に向上した。

一方、「ソリオ」(アイドリングストップシステム搭載車を除くFF車)に低粘度のCVTオイルが採用され、CVT内の摩擦抵抗が低減。燃費は20.0km/リッターから20.6km/リッター(JC08モード)に向上した。

今回改良が施されたパレットシリーズとソリオの価格は以下のとおり。

パレット
・L:120万7500円
・X:127万500円
・特別仕様車「リミテッドII」:131万2500円
パレットSW
・XS:142万8000円
・特別仕様車「リミテッドII」:149万9400円

ソリオ
・G:138万2850円
・X:150万9900円
・S:162万4350円
・特別仕様車「BLACK&WHITE」:168万3150円

(webCG 曽宮)

「パレット」
「パレット」 拡大
「ソリオ」
「ソリオ」 拡大

関連キーワード:
ソリオパレットスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • 「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車 2016.12.8 自動車ニュース スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ バンディット」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシートなどが採用された内外装が特徴となっている。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.29 試乗記 5ナンバーサイズのコンパクトカーと軽自動車の間という、絶妙なボディーサイズが特徴の「スズキ・ソリオ」。人気の軽ハイトワゴン&軽トールワゴンではなく、あえてこのサイズのコンパクトワゴンを選ぶ意義とは? 競合車にはないソリオならではの魅力を探る。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
ホームへ戻る