「ボルボS40/V50」、2008年モデルはお化粧なおし

2007.09.13 自動車ニュース

「ボルボS40/V50」、2008年モデルはお化粧なおし

ボルボ・カーズ・ジャパンは、セダン「S40」とワゴン「V50」の内外装に手を加えた2008年モデルを、2007年9月11日に発売した。

S40/V50とも、フロントグリルの形状を変更。新型「S80」のデザインコンセプトを採用し、ボルボのアイアンマークを冠した黒の格子形状とした。リアのテールランプは、下端のラインが旧モデルより30mm高くなった。「力強いショルダー部分を強調しつつ、高い実用性もアピール」(リリース)した。

インテリアでは、S40/V50で初めて採用されたインストゥルメントパネル「フリーフローティングセンタースタック」を見直し。シート間にパネルが追加され、後部座席に向かって流れるようにのびた。

ユーティリティ面では、センターコンソールやドアの内張りが新たにデザインされ、収納スペースの容量がアップした。カップホルダーには、新たにロールトップカバーが備わり、シート間の収納スペースの蓋には、小物入れが追加されたフレキシブルな多機能アームレストが採用された。

また、エントリーグレードとしてS40/V50とも新たに「2.4 Aktiv」が追加された。とくに「S40 2.4 Aktiv」には300万円を切る価格、298.0万円が付けられた。
S40が298.0万円から456.0万円。V50は329.0万円から487.0万円。

(webCG 関)

「ボルボV50」(写真は欧州仕様)
「ボルボV50」(写真は欧州仕様)
「ボルボS40」のリアビュー。
「ボルボS40」のリアビュー。

「ボルボS40/V50」、2008年モデルはお化粧なおしの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る