「ボルボS40/V50」、2008年モデルはお化粧なおし

2007.09.13 自動車ニュース

「ボルボS40/V50」、2008年モデルはお化粧なおし

ボルボ・カーズ・ジャパンは、セダン「S40」とワゴン「V50」の内外装に手を加えた2008年モデルを、2007年9月11日に発売した。

S40/V50とも、フロントグリルの形状を変更。新型「S80」のデザインコンセプトを採用し、ボルボのアイアンマークを冠した黒の格子形状とした。リアのテールランプは、下端のラインが旧モデルより30mm高くなった。「力強いショルダー部分を強調しつつ、高い実用性もアピール」(リリース)した。

インテリアでは、S40/V50で初めて採用されたインストゥルメントパネル「フリーフローティングセンタースタック」を見直し。シート間にパネルが追加され、後部座席に向かって流れるようにのびた。

ユーティリティ面では、センターコンソールやドアの内張りが新たにデザインされ、収納スペースの容量がアップした。カップホルダーには、新たにロールトップカバーが備わり、シート間の収納スペースの蓋には、小物入れが追加されたフレキシブルな多機能アームレストが採用された。

また、エントリーグレードとしてS40/V50とも新たに「2.4 Aktiv」が追加された。とくに「S40 2.4 Aktiv」には300万円を切る価格、298.0万円が付けられた。
S40が298.0万円から456.0万円。V50は329.0万円から487.0万円。

(webCG 関)

「ボルボV50」(写真は欧州仕様)
「ボルボV50」(写真は欧州仕様)
「ボルボS40」のリアビュー。
「ボルボS40」のリアビュー。

「ボルボS40/V50」、2008年モデルはお化粧なおしの画像

関連キーワード:
V50S40ボルボS40自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ジュネーブモーターショー2018(その8) 2018.3.9 画像・写真 ボルボはジュネーブモーターショー2018で、新型「V60」を一般公開した。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.2 試乗記 世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定車「V90クロスカントリー オーシャンレースエディション」に試乗。日本には15台のみが導入される“レア”なモデルは、悠然とした身のこなしを見せるプレミアムな一台に仕上がっていた。
  • 「ボルボV40クロスカントリー」の限定車発売 2018.5.10 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年5月10日、「V40クロスカントリー」に特別仕様車「Aktiv Edition(アクティブエディション)」を設定し、150台の台数限定で発売した。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る