クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】25X:全長×全幅×全高=4590×1785×1770mm/ホイールベース=2630mm/車重=1530kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=253万500円(テスト車=332万4800円)

日産エクストレイル20X(4WD/CVT)/25X(4WD/CVT)【試乗速報(前編)】

日産のツボ(前編) 2007.09.13 試乗記 日産エクストレイル20X(4WD/CVT)/25X(4WD/CVT)
……302万300円/332万4800円

世界中でじつに80万台を売り上げたという売れっ子SUVが、7年ぶりのフルモデルチェンジ。メーカーの期待を背負う2代目に、『webCG』のコンドーと関が試乗した。
【スペック】20X:全長×全幅×全高=4590×1785×1770mm/ホイールベース=2630mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)/価格=237万3000円(テスト車=302万300円/スクラッチシールド=3万1500円/バイキセノンヘッドランプ=6万3000円/インテリジェントキー+エンジンイモビライザー=5万7750円/ハイパールーフレール=10万5000円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+バックビューモニター+サイドブラインドモニター+ステアリングスイッチ=34万6500円/寒冷地仕様(ヒーター付ドアミラー、大型バッテリー)=1万1550円/フォグランプ(ディーラーオプション)=3万2000円)
日産エクストレイル20X(4WD/CVT)/25X(4WD/CVT)【試乗速報(前編)】

フルモデルチェンジ?

コンドー(以下「コ」):「エクストレイル フルモデルチェーンジ!!」って……。ドコが新しくなってんの?前のと、ぜんぜん変わってへんやん。
関(以下「せ」):バリバリのキープコンセプトですから。2000年10月に生まれた初代は、ヒット商品。日産いわく、「苦しいときに会社を助けてくれた孝行クルマ」なんですよ。変える必要ないわけで。

コ:せやかて、CMでも「フルモデルチェーンジ!!」て叫んでるやん。コレっていう違いはドコよ?
せ:ズバリ、荷室拡大でしょう。ホイールベースはほぼ不変ながら、全長だけが約14cmアップ。引き出し付きのラゲッジスペースは、シートを倒さずとも最大容量603リッター。ちなみに先代は410リッターで、現行の兄弟SUV「デュアリス」と同一容量です。

コ:よう覚えたな。そういわれてみれば、旧型に較べてお尻がちょっと重そうに見える。それと、Dピラーとリアクォーターガラスの輪郭が「く」の字になった。
せ:それ、「X-トレイル」の「X」がモチーフなんですよ。前後のバンパーにもそこはかとなく「X」の輪郭が盛り込まれ……
コ:ちょっと無理ないか? とにかく、初代のイメージは変えたくないって? 人気者ならではの悩みやね。

2代目エクストレイルの荷室フロアには、パーティション付きの引き出しが備わった。丸ごと外せば荷室容量は479→603リッターに拡大。さらにシートを倒せば、26インチのMTBが前輪を外すことなく縦に収納できる。
(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます)
日産エクストレイル20X(4WD/CVT)/25X(4WD/CVT)【試乗速報(前編)】

せ:ほかに見えないところでは、樹脂製だったフェンダーがオーソドクスな鉄製になりました。将来的に海外各所で生産する際、樹脂より鉄のほうが作りやすいと。
コ:とにかく、外見より中身ってわけや。冒険を避けたともいえるけど、これも賭けやな。
せ:流行のクロスオーバー型SUVには「デュアリス」がいるので、こちらは本格オフローダー路線一直線だ、と。ふたを開けてみれば、すでに受注は7000台以上で、予定の3倍を数える好調ぶりだそうですよ。
コ:じゃ、さっそく「孝行クルマ」の乗り味を試してみよか。

「防水シート」は先代の“安っぽい”という評価を踏まえ、より本革らしい素材感を出すなど質感の向上に努めたという。
「防水シート」は先代の“安っぽい”という評価を踏まえ、より本革らしい素材感を出すなど質感の向上に努めたという。 拡大
リアシートも、もちろん防水。肘掛を前に倒せば、荷室から長尺物を挿し込み収納できる。
リアシートも、もちろん防水。肘掛を前に倒せば、荷室から長尺物を挿し込み収納できる。 拡大

エクストレイル=高級車

コ:このシート、本革?
せ:エクストレイル自慢の「防水シート」。相変わらず合皮です。ビニール然としていた先代からだいぶ質感が変わり、シートバックと座面に蒸れにくい防水透湿素材「セルクロス」が使われました。

コ:それでもこれ、めっちゃムレるで。水を通さへんいうても、自分の汗で濡れてたらしゃあないやん。
せ:オプションでファブリックシートも選べます。
コ:ちゃんとあるんかい! それに防水スプレーかけたほうがええわ。「ムレムレ標準」はキビシイ。
せ:これが標準仕様なのは、日本だけ。国ごとにニーズが違うんですね。

コ:外国じゃ、防水のほうがオプション扱い? みなさん、ファブリックのほうが断然いいですよ。
せ:欧州の主流は本革シートです。エクストレイルの主要価格帯は、かの地じゃ3万ユーロ(約480万円)。高級車なんですから。
コ:「かの地」って……生の言葉で初めて聞いたわ。


日産エクストレイル20X(4WD/CVT)/25X(4WD/CVT)【試乗速報(前編)】の画像 拡大
保温保冷機能付きのドリンクホルダー。ペットボトルのキャップを隅に留め置ける。
保温保冷機能付きのドリンクホルダー。ペットボトルのキャップを隅に留め置ける。 拡大
停車時にステアリングを跳ね上げスペースを有効活用できる「ポップアップステアリング」は、上級グレード「X」のみの装備。2アクションだった操作は、ワンタッチになった。
停車時にステアリングを跳ね上げスペースを有効活用できる「ポップアップステアリング」は、上級グレード「X」のみの装備。2アクションだった操作は、ワンタッチになった。 拡大

コ:内装は、適度にタイト感のあるデュアリスとは対照的。ツートーンで明るいし、ダッシュボードの両端がシートから離れてるのも広々感があって好ましい。……あれ? 前のはセンターメーターが特徴やったん違う?

せ:ナビゲーションの画面位置が見やすいように上がったため、居場所を失いました。ご時勢というか。
コ:メイン市場である欧州では「メーターはドライバーの前にあるべき」という考えも根強いらしいね。
せ:メーター径の大きさでは、ライバル不在だそうですよ。
コ:大きさ自慢やったらNEW「MINI」が最強やん。モデルチェンジでますます巨大化した。センターやけど。あと、観音開きの保冷庫はなくなった?
せ:カップホルダーもインパネ両サイドに移動しました。保温保冷能力は、ひきつづきバッチリです。

コ:ところで、車内に声がやたら響かへん? ものすごいライブ感。マイクでエコーかけてるみたいや。
せ:直立面のドンガラで、床まわりが防水性のカタい樹脂素材だからでしょう。ちなみに、天井も防水です。

コ:カーペットの有無で、ずいぶん違うもんな。あ、ダッシュ上半分は柔らかいゴム素材で覆われてる。なるほど、それなりに上質な感じするね。さすがヨーロッパで3万ユーロ!
せ:さっきもいったように、アチラの内装はシート地など異なるようですけど……ちなみにボディペイントは、引っかき傷が復元する「スクラッチシールド」加工です。オプションにて、お値段下がって3万1500円。
コ:赤、青、黒の3色に対応。 こういうの、うれしい!


日産エクストレイル20X(4WD/CVT)/25X(4WD/CVT)【試乗速報(前編)】の画像 拡大
都会派クロスオーバー「デュアリス」(写真左)と本格オフローダー「エクストレイル」は、プラットフォームやエンジンなど基本部分を共有する、いわば兄弟SUVだ。
都会派クロスオーバー「デュアリス」(写真左)と本格オフローダー「エクストレイル」は、プラットフォームやエンジンなど基本部分を共有する、いわば兄弟SUVだ。
拡大

2リッターで十分

コ:さて、2リッターの「MR20DE」エンジン。特別速くはないけど必要十分。低速でもトルキーや。
せ:2000rpmで最大トルクの90%を発生するエンジンですから。デュアリスもそうですが、CVTの静かさも印象的です。

コ:2.5リッターのもあるけど、チョイ乗りだとそれほど差を感じない。前は、280psのがあったやろ?
せ:2リッターターボは、トルクアップに対するコストパフォーマンスが悪く、廃止。新型の2.5リッターは、実質2リッターより15万円高で済みます。
コ:でも、動力性能はそれなりの差でしかないなぁ。高速よく使うとか、荷物たくさん積むとか、使用環境に応じて余裕を買うってとこか。
せ:2リッターで十分と思います。財布の余裕は、豊富なオプション装備に。

コ:そんなにトバしてるわけでもないのに、前のクルマがどんどん道をゆずってくれはる。ミラー越しの姿が、威圧感あんのかな?
せ:……投影面積は、たしかに広いですけどね。四角いながらも空力は考えられていて、最高速200km/h以上というのが、欧州の開発チームからの要求だったそうです。

大いに印象が異なる2台のリアビュー。なお、最低地上高は200mmで共通。
大いに印象が異なる2台のリアビュー。なお、最低地上高は200mmで共通。 拡大
試乗車「エクストレイル25X」のオプション装備
バイキセノンヘッドランプ=6万3000円/インテリジェントキー+エンジンイモビライザー=5万7750円/大型電動ガラスサンルーフ=11万250円/ハイパールーフレール=10万5000円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+バックビューモニター+サイドブラインドモニター+ステアリングスイッチ=34万6500円/Sパック(運転席・助手席SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグシステム、後席中央ヘッドレスト、後席中央3点シートベルト、後席コートハンガー)=7万9800円/フォグランプ(ディーラーオプション)=3万2000円)
試乗車「エクストレイル25X」のオプション装備
バイキセノンヘッドランプ=6万3000円/インテリジェントキー+エンジンイモビライザー=5万7750円/大型電動ガラスサンルーフ=11万250円/ハイパールーフレール=10万5000円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+バックビューモニター+サイドブラインドモニター+ステアリングスイッチ=34万6500円/Sパック(運転席・助手席SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグシステム、後席中央ヘッドレスト、後席中央3点シートベルト、後席コートハンガー)=7万9800円/フォグランプ(ディーラーオプション)=3万2000円) 拡大

コ:意外といったら何やけど、乗り心地がすごくいいね。独ザックス製のダンパーが効いてるとみた。開発の人、ザックスの話するとき、嬉しそうやったもんなぁ。車速感応式の電動ステアリングは、まったく不自然さがなくていい感じや。
せ:同じサスを使ってる兄弟車のデュアリスともども、コーナリング中のロール感が上質。でも、乗り心地はずいぶん違う。デュアリスのほうがゴツゴツ……エクストレイルはずっとソフトです。
コ:コンセプトはもちろん、モデルの価格差も考えた味付けの違いらしいね。いうなら、“デュアリスはシャッキリ”、“エクストレイルはしっとり”ていうとこかな。

せ:でも、舗装路フツーに流してたって……
コ:オフロード走るの? 大丈夫かぁ?(後編につづく)

(文=webCG近藤俊&関顕也/写真=峰昌宏/2007年9月)

関連キーワード:
エクストレイル日産試乗記

あなたにおすすめの記事