【スペック】全長×全幅×全高=4570×1760×1490mm/ホイールベース=2635mm/車重=1390kg/駆動方式= FF/2リッター直4DOHC16バルブ(154ps/6000rpm、20.2kgm/4250rpm)/価格=222万6000円(テスト車=250万9500円/ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム=8万4000円/サイド&カーテンSRSエアバッグ=8万4000円/キーレスオペレーションシステム+オートライトコントロール+雨滴感応オートワイパー=3万1500円/ASC=8万4000円)(M)

三菱ギャラン・フォルティス SPORT NAVI PACKAGE(FF/CVT)【試乗記】

期待高まる新型車 2007.09.12 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス SPORT NAVI PACKAGE(FF/CVT)
……250万9500円



2007年8月23日にデビューした、三菱の新型セダン「ギャラン・フォルティス」。7年ぶりのニューセダンの進化を試す。

久々の新型セダン

「ギャラン・フォルティス」は、7年振りという三菱にとって久々の4ドアセダンの新型車である。当面はこれで「ランサー」から「ディアマンテ」まで幅広いユーザー層をカバーすることになろう。ちなみにギャラン・フォルティスの輸出名は「ランサー」が選ばれた。

車体はもとよりエンジンまで一新され、心機一転となったわけだが、中身の一部は先に発表されている「アウトランダー」や「デリカ:D5」などとも共用する。

搭載されるエンジンは、2リッター154ps一種。ギアボックスは6段スポーツモード付CVTが主であるが、5段MTもスポーツモデルに新設定されている。
駆動はFFと4WDがあり、4WDはセンターデフの代わりに電子制御のカプリングを備え、2WD/4WDオート/4WDロックの3モードを選択する。

外寸は全長を詰めて幅を広く採った欧州トレンドに従う。見た目の印象としては、従来のギャランよりスッキリ小型化され、顔も精悍になった。デザイン上の処理に難点を見いだすならば、ドアの断面形状などから厚み感が足りないように思えて、角々した接点処理とあいまってやや外板が薄っぺらい印象を受ける。
しかし車両重量は1370kg(CVT)であるから、軽量化には成功している。また足元は18インチの大径タイヤにより、ガッシリ支えられている感覚は上々。

(A)
三菱ギャラン・フォルティス SPORT(FF/CVT)【短評】
(A)
三菱ギャラン・フォルティス SPORT(FF/CVT)【短評】
(A)
三菱ギャラン・フォルティス SPORT(FF/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギャランフォルティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.7.24 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)
    ……343万3500円

    ギャラン・フォルティスの最上級グレードとして、ランエボ譲りのメカを一部採用し誕生した「ラリーアート」。それはランエボともまた違うクルマに仕上がっていた。
  • 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.12.16 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)
    ……255万8850円/350万9100円

    「三菱ギャラン・フォルティス」シリーズに、ハッチバックボディの「スポーツバック」が加わった。さて、新しいボディ形状は、どんな変化をもたらしたのか……?
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る