「ポルシェ・カイエン」に405psの新グレード「GTS」追加

2007.09.11 自動車ニュース

「ポルシェ・カイエン」に405psの新グレード「GTS」追加

独ポルシェは、SUVの「カイエン」シリーズに、新グレード「カイエンGTS」を追加。2007年9月11日に開幕したフランクフルトショーでデビューさせた。

カイエンGTSは、「カイエン・ターボ」と「カイエンS」の間に位置する新グレード。
フロントマスクとリアのデザインはカイエン・ターボと共通で、足まわりには21インチの大きなシューズを標準で履く。

パワーユニットは「カイエンS」と同じ、4.8リッターのV8。ダイレクトフューエルインジェクション(DFI)により、最高出力は「カイエンS」に比べて20ps増しの405ps、最大トルクは同じ51.0kgmを発生する。ローギアード化の恩恵で、0-100km/h加速は6.1秒(0.5秒短縮)と伝えられる。

電子制御サスペンション(PASM)は標準装備。ポルシェのスポーツカーラインナップのみだったスチール製スプリングとの組み合わせが採用された。エアサスはオプション装備として用意される。そのほか、ハンドリングと乗り心地を向上させるアンチロール抑制システム「ポルシェダイナミックシャシーコントロールシステム」(PDCC)もある。

インテリアは、レザーやアルカンターラ素材によりスポーティ感を演出。新開発の12wayスポーツシートが備わる。

カラーは、専用色「GTSレッド」と「ノルディックゴールドメタリック」の2色でラインナップ。日本国内では、2007年9月18日から販売が開始され、価格は、MTモデルが左ハンドルのみで1020.0万円、ATモデルが左右ハンドルを選べ1062.0万円。それぞれカイエンSより135.0万円高となっている。

(webCG 関)


「ポルシェ・カイエン」に405psの新グレード「GTS」追加の画像

「ポルシェ・カイエン」に405psの新グレード「GTS」追加の画像

「ポルシェ・カイエン」に405psの新グレード「GTS」追加の画像

「ポルシェ・カイエン」に405psの新グレード「GTS」追加の画像

関連キーワード:
カイエンポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ポルシェ) 2017.9.14 画像・写真 フランクフルトショーの会場から、リアウイングのない「911 GT3ツーリングパッケージ」やハイパフォーマンスモデルの「911 GT2 RS」、最高出力550psを発生する新型の「カイエン ターボ」などが展示された、ポルシェのブースを写真でリポート。
  • 第449回:日本のブレーキシステムも搭載!
    新型「ポルシェ・カイエン」はここに注目
    2017.10.12 エディターから一言 2017年夏のフルモデルチェンジで、全方位的な進化を遂げたとアピールされる、ポルシェのSUV「カイエン」。その技術的な見どころは? ポルシェに詳しいモータージャーナリスト・河村康彦が、ドイツで得られた情報をお伝えする。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
ホームへ戻る