アウディ「A4」「A4アバント」装備見直し&お買い得な特別仕様車登場

2007.09.11 自動車ニュース

アウディ「A4」「A4アバント」装備見直し&お買い得な特別仕様車

アウディジャパンは2007年10月1日から、「A4」「A4アバント」全グレードの標準装備を見直し、同時に特別仕様車「ラグジュアリーライン プラス」「ダイナミックライン プラス」を設定する。

■価格は据え置きで装備を追加

今回の変更点は、従来オプション扱いであったHDDナビゲーションを標準装備したこと。また、以前よりHDDナビゲーションを装着していた「3.2FSIクワトロ」はレザー内装の「SEパッケージ」が標準設定される。

■二種類の特別仕様車が登場

・ラグジュアリーライン プラス
設定グレード:「2.0」「1.8T」「2.0TFSIクワトロ」
「SEパッケージ」に加えて、「バイキセノンパッケージ」「ダブルスポークデザインアルミホイール」が装着される。価格は、各グレードとも従来より30万円高。409〜514万円。

・ダイナミックライン プラス
設定グレード:「2.0」「1.8T」「2.0TFSIクワトロ」「3.2FSIクワトロ」
「SEパッケージ」に、「S-Line」パッケージを加えて標準装備とした。ホイールは18インチの7ツインスポークアルミホイールとなる。価格は各グレードとも従来より39万円高。418〜657万円。

「SEパッケージ」とは本皮シートやウッドパネルなどを備える、ラクシャリーなパッケージ。「S-lineパッケージ」とはエアロやスポーツサスペンションなどが装着されるスポーティなパッケージとなる。詳細はアウディジャパン公式サイトにて。

2007年11月に本国ドイツでフルモデルチェンジが予定されている「A4」。日本におけるフルモデルチェンジもそう遠くはないだろう。完成度の高いモデル末期の「A4」を待っていた人に朗報である。

(webCG 玉城)

 
アウディ「A4」「A4アバント」装備見直し&お買い得な特別仕様車登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
ホームへ戻る