アウディ「A4」「A4アバント」装備見直し&お買い得な特別仕様車登場

2007.09.11 自動車ニュース

アウディ「A4」「A4アバント」装備見直し&お買い得な特別仕様車

アウディジャパンは2007年10月1日から、「A4」「A4アバント」全グレードの標準装備を見直し、同時に特別仕様車「ラグジュアリーライン プラス」「ダイナミックライン プラス」を設定する。

■価格は据え置きで装備を追加

今回の変更点は、従来オプション扱いであったHDDナビゲーションを標準装備したこと。また、以前よりHDDナビゲーションを装着していた「3.2FSIクワトロ」はレザー内装の「SEパッケージ」が標準設定される。

■二種類の特別仕様車が登場

・ラグジュアリーライン プラス
設定グレード:「2.0」「1.8T」「2.0TFSIクワトロ」
「SEパッケージ」に加えて、「バイキセノンパッケージ」「ダブルスポークデザインアルミホイール」が装着される。価格は、各グレードとも従来より30万円高。409〜514万円。

・ダイナミックライン プラス
設定グレード:「2.0」「1.8T」「2.0TFSIクワトロ」「3.2FSIクワトロ」
「SEパッケージ」に、「S-Line」パッケージを加えて標準装備とした。ホイールは18インチの7ツインスポークアルミホイールとなる。価格は各グレードとも従来より39万円高。418〜657万円。

「SEパッケージ」とは本皮シートやウッドパネルなどを備える、ラクシャリーなパッケージ。「S-lineパッケージ」とはエアロやスポーツサスペンションなどが装着されるスポーティなパッケージとなる。詳細はアウディジャパン公式サイトにて。

2007年11月に本国ドイツでフルモデルチェンジが予定されている「A4」。日本におけるフルモデルチェンジもそう遠くはないだろう。完成度の高いモデル末期の「A4」を待っていた人に朗報である。

(webCG 玉城)

 
アウディ「A4」「A4アバント」装備見直し&お買い得な特別仕様車登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.20 試乗記 その出来栄えはクラス最良? アウディのBセグメントコンパクトモデル「A1」に、マイナーチェンジとともに1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレード「1.0 TFSI」が登場。アウディ初の3気筒エンジンの実力を試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る