ダイハツ「エッセ」「テリオスキッド」「コペン」にお買い得な特別仕様車

2007.09.10 自動車ニュース

ダイハツ「エッセ」「テリオスキッド」「コペン」にお買い得な特別仕様車

ダイハツ工業は2007年9月10日、軽乗用車「エッセ」「テリオスキッド」「Copen(コペン)」に特別仕様車を設定し発売した。

これは、ダイハツ創立100周年を記念した特別仕様車の第2弾。同年8月20日に発売した「ムーヴ」「ミラ」に続くもの。特別装備を追加しながら、お求めやすい価格設定にしたという。

■「エッセ VS メモリアルエディション」

「エッセ L」をベースに、電動格納式ドアミラーやスモークドガラスを装備。さらに、ブラックを基調とした内装、チルトステアリングを採用するなどした。
ボディカラーは新色レッドを含む全10色で(1色はメーカーオプション)、価格はベース車据え置き、82万9500円(FF/5MT、3AT)/96万6000円(4WD/3AT)となる。


■「テリオスキッド カスタム メモリアルエディション」

「テリオスキッド カスタムL」をベースに、ドアミラーターンランプや、専用のグレイッシフロントメッキグリルを付与。インテリアは、MOMO本革ステアリングホイールのほか、専用のフルファブリックシート、シャンパンメタリック調のメーター&センタークラスターを採用した。
ボディカラーは、メーカーオプションのカシスフィズスペクトラシャインを含め全7色で、価格は、ベース車3万1500円高の139万6500円(FR/4AT)/152万2500円(4WD/4AT)。


■「コペン アルティメット エディションII メモリアル」

2006年6月に発売した「コペン」の特別仕様車「アルティメットエディション」をベースに、内外装の装備を充実させたもの。
ボディは、電動格納式ハードトップ付きの「アクティブトップ」。ブラックメッキのフロントグリル、アルティメット専用のサイドエンブレム、クリアボディサイドターンランプ/クリスタルリアコンビランプ/ハイマウントLEDストップランプなどを装備。インテリアは、レカロシートやドアトリムに従来のオレンジのほか新色キャメルを設定。また、インナードアハンドル、パーキングブレーキレバーボタンがメッキになるほか、ホワイトメーターが備わる。

さらに、この特別仕様車には、2007年12月26日注文分までシリアルプレートが付与され、プレミアム感をプラスするという。

ボディカラーは、新色ダークレッドマイカを含む全9色(内6色はメーカーオプション)で、価格は、ベース車5万2500円高の194万2500円(4AT/5MT)となる。

(webCG ワタナベ)

「エッセ VS メモリアルエディション」
「エッセ VS メモリアルエディション」
「テリオスキッド カスタム メモリアルエディション」
「テリオスキッド カスタム メモリアルエディション」
「コペン アルティメット エディションII メモリアル」
「コペン アルティメット エディションII メモリアル」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • 「トヨタ・エスクァイア」新デザインで登場 2017.7.3 自動車ニュース トヨタが5ナンバークラスの箱型ミニバン「エスクァイア」をマイナーチェンジ。フロントまわりの意匠を大幅に変更したほか、新グレードとして専用内装の最上級モデル「Gi“プレミアムパッケージ”」を設定した。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
ホームへ戻る