「アルファ147」にコラボ仕様の特別限定モデル

2007.09.10 自動車ニュース

「アルファ147」にコラボ仕様の特別限定モデル

フィアットグループ・オートモービルズ・ジャパンは、「アルファ147」に、カジュアルブランド「マーフィー&ナイ社」とのコラボレーションモデル「アルファ147 2.0ツインスパーク セレスピード マーフィー&ナイ」を設定、2007年9月15日に全国限定50台で発売する。

特別装備として、マーフィー&ナイ専用17インチ・アロイホイールが装着されるほか、ポップアップ式ウォッシャー付キセノンヘッドランプに、リアルーフスポイラー、アルミマット仕上げのヒーテッド電動ドアミラーを備える。

インテリアは、ブルーとクリームのツートーンで構成され、ヘッドレストに赤いアルファロメオ・エンブレムが刺繍されたスポーツレザーシートをはじめ、同じく赤のロープがアクセントのパーキングブレーキカバー、スポーツレザーステアリング、フロアマット、ロゴ入りキックプレートなど、多くの専用パーツを装備。フロントシートヒーターと電動ガラスサンルーフも標準装備する。

このほかにも、リアエンドとピラー部にマーフィー&ナイのバッジが追加され、オリジナルアクセサリーとして、両ブランドロゴ入りのトラベルバッグ、キーリング、ドキュメントホルダーが付属する。

色は、ボディカラー「クリスタルライト・ブルー(メタリック)」に、マーフィー&ナイ専用のインテリアカラー「ブルー/クリーム」の組み合わせとなる。

機関は、ベースモデル「アルファ147 2.0ツインスパーク セレスピード」にならって、5ドア+セレスピード仕様。価格は、ベースから16万円アップの330.0万円となる。

マーフィー&ナイ社は、「1933年にヨットや帆船のセールメーカーとしてアメリカで創業、現在では、伊『Sixtyグループ』の一員として、マリンスポーツやアウトドアスポーツウエアなどのカジュアル・アパレルを提供するブランド」(プレスリリースより)で、イタリアやヨーロッパ各国で高い人気を誇っているという。

(webCG 依田)


「アルファ147」にコラボ仕様の特別限定モデルの画像

「アルファ147」にコラボ仕様の特別限定モデルの画像

「アルファ147」にコラボ仕様の特別限定モデルの画像

「アルファ147」にコラボ仕様の特別限定モデルの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る