アストン・マーティン「DB9」「V8ヴァンテージ」の特別仕様車展示【フランクフルトショー07】

2007.09.10 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】アストン・マーティン「DB9」「V8ヴァンテージ」の特別仕様車展示

英アストンマーティン・ラゴンダ・リミテッドは、2007年9月に開催されるフランクフルト・モーターショーにおいて、「DBS」をヨーロッパ初披露するほか、特別仕様車「アストン・マーティンDB9 LM」と「V8ヴァンテージN400」も公開する。

これらの特別仕様車は、アストン・マーティンが今年達成したル・マン24時間耐久レースと、ニュルブルクリンク24時間レースでの成功からインスピレーションを得たとのこと。

■ニュルブルクリンク24時間レース成功記念車

「V8ヴァンテージN400」は、ニュルブルクリンク24時間レースでのアストンマーティンの成功を記念するモデル。4.3リッターV8エンジンにチューンを行い、最高出力400bhp、最大トルク420Nmを発揮する。

インテリアはステッチの入った黒のレザーシート、マイクロスピン合金のフェイシア、シリアルナンバー入りシルプラークなどが装備され、ボディカラーは「バーグワークブラック」「ライトニングシルバー」「カルーセルオレンジ」の3色が用意される。トランスミッションは3ペダル式のMTと2ペダル式MT“「スポーツシフト」オートメイティド・マニュアル”から選択可能。

ボディタイプはクーペとロードスターの2タイプで、通常オプション扱いである「サテライトナビゲーション」「700Wプレミアムオーディオシステム」「HIDヘッドランプ」など、数多くの装備が標準装備される。

なお、これらの変更に加えて「スポーツパック」と呼ばれるパッケージが設定され、選択した場合は軽量グラファイト仕上げのアルミホイール、ダイヤモンド旋盤で仕上げた改良型スプリングおよびダンパー、新型リア・アンチロールバーが装着される。

■ルマン24時間耐久レース・クラシックGT1優勝記念車

「DB9 LM」は、本年6月に行われたルマン24時間耐久レース・クラシックにおいて、「アストン・マーティンDBR9」がGT1クラスで優勝したことを記念するモデル。ボディカラーは「サルトシルバー」一択。メッシュ部分とリアのクロスバーはマグナムシルバーで、ブレーキキャリパーは赤で塗装される。

インテリアは手作業で縫い上げられたブラックレザー仕上げで、有孔レザーインサート、オリジナルカラー「テルトルルージュ」のインパネトリム、シリアルナンバー入りのシルプラークで構成される。また、通常ではオプション扱いの「DB9スポーツパック」が標準装備され、アルミホイールはダイヤモンド旋盤で仕上げられる。

両モデルの価格等の詳細はフランクフルトモーターショーで発表予定である。

(webCG 玉城)

「V8ヴァンテージN400」
「V8ヴァンテージN400」
「DB9 LM」
「DB9 LM」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • アストンマーティンの新型スポーツカー、欧州でスパイショット公開 2017.8.3 自動車ニュース 欧州で、アストンマーティンのスポーツカー「ヴァンテージ」の後継モデルとされる新型車のスパイショットが公開された。「ヴァンテージ」の後継モデルは2017年の暮れに発表される予定で、AMG製のエンジンが搭載される可能性がある。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る