アストン・マーティン「DB9」「V8ヴァンテージ」の特別仕様車展示【フランクフルトショー07】

2007.09.10 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】アストン・マーティン「DB9」「V8ヴァンテージ」の特別仕様車展示

英アストンマーティン・ラゴンダ・リミテッドは、2007年9月に開催されるフランクフルト・モーターショーにおいて、「DBS」をヨーロッパ初披露するほか、特別仕様車「アストン・マーティンDB9 LM」と「V8ヴァンテージN400」も公開する。

これらの特別仕様車は、アストン・マーティンが今年達成したル・マン24時間耐久レースと、ニュルブルクリンク24時間レースでの成功からインスピレーションを得たとのこと。

■ニュルブルクリンク24時間レース成功記念車

「V8ヴァンテージN400」は、ニュルブルクリンク24時間レースでのアストンマーティンの成功を記念するモデル。4.3リッターV8エンジンにチューンを行い、最高出力400bhp、最大トルク420Nmを発揮する。

インテリアはステッチの入った黒のレザーシート、マイクロスピン合金のフェイシア、シリアルナンバー入りシルプラークなどが装備され、ボディカラーは「バーグワークブラック」「ライトニングシルバー」「カルーセルオレンジ」の3色が用意される。トランスミッションは3ペダル式のMTと2ペダル式MT“「スポーツシフト」オートメイティド・マニュアル”から選択可能。

ボディタイプはクーペとロードスターの2タイプで、通常オプション扱いである「サテライトナビゲーション」「700Wプレミアムオーディオシステム」「HIDヘッドランプ」など、数多くの装備が標準装備される。

なお、これらの変更に加えて「スポーツパック」と呼ばれるパッケージが設定され、選択した場合は軽量グラファイト仕上げのアルミホイール、ダイヤモンド旋盤で仕上げた改良型スプリングおよびダンパー、新型リア・アンチロールバーが装着される。

■ルマン24時間耐久レース・クラシックGT1優勝記念車

「DB9 LM」は、本年6月に行われたルマン24時間耐久レース・クラシックにおいて、「アストン・マーティンDBR9」がGT1クラスで優勝したことを記念するモデル。ボディカラーは「サルトシルバー」一択。メッシュ部分とリアのクロスバーはマグナムシルバーで、ブレーキキャリパーは赤で塗装される。

インテリアは手作業で縫い上げられたブラックレザー仕上げで、有孔レザーインサート、オリジナルカラー「テルトルルージュ」のインパネトリム、シリアルナンバー入りのシルプラークで構成される。また、通常ではオプション扱いの「DB9スポーツパック」が標準装備され、アルミホイールはダイヤモンド旋盤で仕上げられる。

両モデルの価格等の詳細はフランクフルトモーターショーで発表予定である。

(webCG 玉城)

「V8ヴァンテージN400」
アストン・マーティン「DB8」「V8」に特別仕様車登場【フランクフルトショー07】
「DB9 LM」
アストン・マーティン「DB8」「V8」に特別仕様車登場【フランクフルトショー07】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V8ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表 2016.11.16 自動車ニュース 英アストン・マーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る