【スペック】V70 T6:全長×全幅×全高=4823×1861×1547mm/ホイールベース=2816mm/車重=1815kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500〜4800rpm)(欧州仕様車)

ボルボV70 T6(4WD/6AT)/XC70 3.2(4WD/6AT)【海外試乗記】

さらに磨きをかけて 2007.09.10 試乗記 ボルボV70 T6(4WD/6AT)/XC70 3.2(4WD/6AT)

7年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型「ボルボV70/XC70」。内外装からエンジンまで、全面的に改良された「V70」と、そのSUVモデル「XC70」にドイツで試乗した。

「S80」並みのボディサイズ

「ボルボV70/XC70」が新型に切り替わり、ドイツのケルンで試乗会が行われた。高級ワゴンのセグメントリーダーである「V70系」は、現行型が登場以来8年も経過しているとは思えないが、ボルボワゴンの定型としてイメージが確立している。

そこで新型に切り替わるにあたっては、大きくイメージを変えずに更なる大型高級化の手法がとられた。簡単に言えば今度は「S80」がベースとなり、全長4823mm、全幅1861mm、全高1547mm、ホイールベース2816mmに拡大。
エンジンは直列6気筒を積み排気量も3.2リッター(ターボは3リッター)と全部が大きくなった。内容的には「V90」と言うべきものながら、今回V8エンジンは搭載されないから、今後も新たな商品攻勢が待っているのかもしれない。

試乗会場は、シュロスベンスベルクという、バロック風古城を改装したホテル。荘園内の森には「XC70」のオフロード性能を試すスペシャルステージも用意されていた。
ただし天候には恵まれず2日間とも雨であったが、ボルボにとっては条件が悪いほど実力発揮のチャンスとも言える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE 2015.8.3 特集 ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】NEW 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る