【スペック】全長×全幅×全高=4907×1953×1379mm/ホイールベース=2990mm/車重=1880kg/駆動方式=4WD/ 6.3リッターV型12気筒DOHC48バルブ(660ps/8000rpm、69.6kgm/6000rpm)/価格=3200万円

フェラーリ・フォー雪上試乗会【試乗記】

“乗れてる”気分に 2012.03.01 試乗記 フェラーリ・フォー(4WD/7AT)
……3200万円

V12を搭載する一方、「4人乗り」で「4WD」という、非現実性と実用性を併せ持つかのような「フェラーリ・フォー」。その実力を、氷上の特設コースで確かめた。

イタリアのシューティングブレーク

「ここは完全にブラックアイスになっていて、すごく滑りやすいですから」と助手席のインストラクターから注意された箇所に近づく。慎重に、慎重に、慎重……アーッ! オシリを振り出してハーフスピン。赤面しながらコースに戻る。もう1周。再び、ゆっくり、慎重に、慎重に、慎……アーッ!!  再びスピンして、すっかり意気消沈。 

「フェラーリ・フォー」で氷上をドライブしている。湖面がすっかり凍結した長野県白樺高原は女神湖で、新しい4WDシステムを搭載した跳ね馬のプレス試乗会が開かれたのだ。フェラーリ・フォーのデビューは、2011年3月のジュネーブショー。「シューティングブレーク」を名乗る2枚ドアのワゴンボディーをもち、フロントには6.3リッター12気筒を搭載する。名前の由来は Four-Four、「4座」プラス「4WD」の意味だ。

シューティングブレークとは、言うまでもなく「狩猟用」とされる超高級ステーションワゴンのこと。ハイエンドスポーツカーを改造したステイタスシンボルの最たるもので、例外はあるけれど、英国特産といってもいい車型である。そのシューティングブレークを、なぜイタリアのスポーツカーメーカーが引っ張り出したのか? もしやカロッツェリア・ツーリングのスワンソング(ランボルギーニ・フライングスターII)に、並々ならぬ思い入れをもつ重役がフェラーリ社内にいたとか??

マラネロの自動車メーカーが、4人乗り高級スポーツカー市場で覇権を握るために取った手段と関係があるのかもしれない。「アストン・マーティン ラゴンダ」「ポルシェ・パナメーラ」といったライバルを、全天候性と万能性で圧倒する! 大型ワゴンという車型からくる物理的な容量の大きを武器にして、実用面で優位に立つ!! そんな身もふたもない戦略を立てたがゆえに、「シューティングブレーク」という単語でユーザーを煙に巻いたのでは……というのは、邪推に過ぎるか。

【Movie】フェラーリ・フォー雪上試乗会

今回、試乗会が行われた女神湖では、冬季期間中に氷上ドライブの申し込みを受け付けており、自車持ち込みで走行できる(要予約)。なお、2012年度の受け付けは2月下旬ですでに終了。
今回、試乗会が行われた女神湖では、冬季期間中に氷上ドライブの申し込みを受け付けており、自車持ち込みで走行できる(要予約)。なお、2012年度の受け付けは2月下旬ですでに終了。
 
フェラーリ・フォー雪上試乗会【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

FFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る