第7回:まさに「どこでもパーキング」! 魔法のカーペット発見(大矢アキオ)

2007.09.08 エッセイ

第7回:まさに「どこでもパーキング」! 魔法のカーペット発見「イージー・パーキング」の正体は!?

これが夢の即席駐輪場カーペット「イージー・パーキング」。
第7回:まさに「どこでもパーキング」! 魔法のカーペット発見

折り畳み式駐輪場

イタリアの自動車雑誌をパラパラめくっていたときである。ある広告ページで、目が点になってしまった。
「イージー・パーキング」という商品だった。
何か?といえば、「どこでもバイク駐輪場」である。
白線が引かれたカーペットを路上に敷くことによって、バイク4台用の駐輪スペースが確保できるというものだ。
使用例として、路肩の縦列駐車場に敷いて、ヤマハのビッグスクーター「マジェスティ」を停めた写真まで掲載されている。

「駐車の心配よ、さようなら! 実用的な折り畳み式・布製「イージー・パーキング」は、広げるのも数秒。あらゆる場所に4台のバイク用駐輪場を設営できます。リバーシブル。耐久性に優れ、水洗いも可能です」
畳み方の図説もあり、長さ20cm、直径8cmの折り畳み傘のようになる収納時の写真も載っていた。

畳み方、タイプ、収納状態の写真も。
第7回:まさに「どこでもパーキング」! 魔法のカーペット発見

気配りのリバーシブル仕様

「イージー・パーキング」には、裏表のデザインによって「ミラノ」「ローマ」「トリノ」の3タイプがある。「トリノ」を除いて、表面にはアスファルト路面、裏面には各地の路面にマッチする石畳が印刷されている。敷く路面に合わせて、使い分けられる。なかなか気配りの利いた企画である。

このカーペットを商店の前などに敷いて、通常1台しか停められないところを縦に4台停めるよう誘導すれば、ささやかながらも都市の駐車環境改善にもつながるだろう。
そこで、この“魔法のカーペット”を製造する会社のホームページを訪れてみることにした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。