マツダ「プレマシー」をマイナーチェンジ

2007.09.07 自動車ニュース

マツダ「プレマシー」をマイナーチェンジ

マツダは2007年9月7日、7人乗りのコンパクトミニバン「プレマシー」をマイナーチェンジした。

ヘッドランプのデザインが変更されたことにより、鋭い顔つきになった新型「プレマシー」。
今回のマイナーチェンジで、従来2リッター直噴ガソリンエンジン「DIGI」のみに採用されていた5段ATが、FF全車に搭載された。(4WDは4AT)
これにより、「平成22年度燃費基準+10%」を達成し、同時に4WD車を含めたすべての車種が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」に適合した。

インテリアでは、グレードによって異なる内装色とシート生地を採用したほか、インストゥルメントパネルのデザインとレイアウトを変更し、ホワイトイルミネーションで視認性を向上させたブラックアウトメーターを全車に装備した。

価格は176万8000円から235万5000円。

なお、マイナーチェンジにあわせて「プレマシー」の福祉車両である「プレマシー助手席リフトアップシート車」のベース車も同様の変更を受けた。

(webCG 玉城)


マツダ「プレマシー」をマイナーチェンジの画像

マツダ「プレマシー」をマイナーチェンジの画像

マツダ「プレマシー」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、新型「オデッセイ」を世界初公開
    2016.12.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年12月20日、米国デトロイトで開催される2017年北米国際自動車ショー(開催期間:2017年1月8日~22日)において、新型「オデッセイ」を世界初公開すると発表した。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
ホームへ戻る