【スペック】8人乗り:全長×全幅×全高=4595×1695×1850mm/ホイールベース=2825mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(143ps/5600rpm、19.8kgm/3900rpm)/価格=220万5000円(テスト車=288万9600円)

トヨタ・ノア X “Lセレクション”(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ノア X “Lセレクション”(FF/CVT) 2007.09.07 試乗記 ……288万9600円
総合評価……★★★★

フロントマスクの変更もさることながら、新エンジン搭載で生まれ変わった「トヨタ・ノア/ヴォクシー」。親しみやすい印象の「ノア」でその進化を試す。

気合いを実感

「トヨタ・ノア/ヴォクシー」は、クルマに趣味性を求める人にはもはや“圏外”の存在かもしれない。とはいえ、いうまでもなく今の日本の自動車シーンを牽引しているのは、こうしたモデル。
一部化粧は違えているものの、「ノア」と事実上の“双子車”である「ヴォクシー」。2台の先代は、2001年の発売以来、毎月コンスタントに9000台以上を販売する文句なしのスーパーヒットモデルであった。
6年ぶりのフルモデルチェンジで、新型の開発に気合いが入らないはずはない。同じ“日本専売車”でも、明確に年配の団塊世代層を狙った新型「カローラ」などと較べると、異なった積極性を感じられる。最新技術を盛り込んだ新エンジンをこうしたミニバンから展開するなど、ひと昔前では考えられなかった。

今回もノアとヴォクシーは、前者をカローラ店、後者をネッツ店で販売。そうした無理矢理の(?)作り分けをしてまで複数のモデルを用意する意義があるのかどうかは別にして、より若者向けネッツ店のヴォクシーが「クールで男っぽい」というイメージを意識したのに対し、ノアは「堂々とした中にも親しみやすい」というのが狙いであるという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る