「三菱eKスポーツ」にもスライドドア仕様

2007.09.06 自動車ニュース

「三菱eKスポーツ」にもスライドドア仕様

三菱自動車工業は、「eKスポーツ」に電動スライドドア採用グレードを追加。2007年9月6日から販売する。

新たに設定された「XS」と「RS」の2グレードに、電動スライドドアが標準装備される。それ以外の装備は、自然吸気エンジンのXSは現行の「X」、ターボエンジンを搭載するRSは「R」に準ずる。

装備されるスライドドアは、2006年9月に追加された「eKワゴン」のスライドドア仕様車と同じく、ドアを閉めた際に、車体外側からドアレールが見えない構造の「インナーレール式電動スライドドア」。車内外のドアハンドルのほか、運転席、センターピラー、リモコンキーの各スイッチでも開閉操作が可能となっている。

価格は、
XS:131万2500円(FF)/143万2200円(4WD)、
RS:141万7500円(FF)/153万7200円(4WD)。

今回のグレード追加に伴って、eKワゴンとeKスポーツ全車に、電動格納式ドアミラーの制御や、セキュリティーアラーム機能、運転席ドア限定アンロックの機能などを備える、電装品の統合制御システム「ETACS」が装備された。

(webCG 依田)

「eKスポーツ RS」
「eKスポーツ RS」
 
「三菱eKスポーツ」にもスライドドア仕様の画像
 
「三菱eKスポーツ」にもスライドドア仕様の画像
関連記事 ホームへ戻る