「日産キャラバン」一部改良、タコメーターが標準に

2007.09.05 自動車ニュース

「日産キャラバン」一部改良、タコメーターが標準に

日産自動車は、ライトバン「キャラバン」を一部改良し、2007年8月31日に発売した。

主な変更点は、内装の変更。インストルメントパネルやATシフトの意匠を変更したほか、タコメーターを全車に標準装備。トリムの色をグレーからブラックに変更し、一部グレードによってセンターコンソールにアームレスト&格納式テーブルを採用するなどした。さらに、バンおよびコーチにスーパーDXを追加し、車種体系の見直しがされた。

環境面では、ガソリン車は平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-EV)を達成し、ディーゼル車は平成17年排出ガス規制に適合したという。

ボディカラーにブリリアントシルバー、ブレードシルバー、ブラック/ブレードシルバーの3色を追加設定。
価格は、バンが222万6000円から326万6550円、マイクロバスは253万500円から316万3650円、コーチは、235万9350から313万4250円となる。

また、オーテックジャパンが手がけるカスタムモデル「ライダー」と福祉車両の「チェアキャブ」についても継続設定される。ライダーは、ボディカラーが一部変更。チェアキャブは、電動式大型スライドステップを標準装備するなどし、使い勝手をよくしたという。
価格は、ライダーが267万5400円から350万700円、チェアキャブは341万5000円から443万2000円となる。

(webCG ワタナベ)

「キャラバン スーパーDX」
「キャラバン スーパーDX」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • オーテックから「セレナ」ベースの特別仕様車が登場 2017.5.25 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2017年5月24日、ミニバン「セレナ」の「ライダー」および「ステップタイプ」に、特別仕様車「Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【海外試乗記】 2017.6.6 試乗記 2代目となる新型「MINIクロスオーバー」に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「クーパーS E ALL4」が登場。1.5リッター直3ターボエンジンと電動モーターが織り成す走りを、スペイン・バルセロナで試した。
ホームへ戻る