「日産キャラバン」一部改良、タコメーターが標準に

2007.09.05 自動車ニュース

「日産キャラバン」一部改良、タコメーターが標準に

日産自動車は、ライトバン「キャラバン」を一部改良し、2007年8月31日に発売した。

主な変更点は、内装の変更。インストルメントパネルやATシフトの意匠を変更したほか、タコメーターを全車に標準装備。トリムの色をグレーからブラックに変更し、一部グレードによってセンターコンソールにアームレスト&格納式テーブルを採用するなどした。さらに、バンおよびコーチにスーパーDXを追加し、車種体系の見直しがされた。

環境面では、ガソリン車は平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-EV)を達成し、ディーゼル車は平成17年排出ガス規制に適合したという。

ボディカラーにブリリアントシルバー、ブレードシルバー、ブラック/ブレードシルバーの3色を追加設定。
価格は、バンが222万6000円から326万6550円、マイクロバスは253万500円から316万3650円、コーチは、235万9350から313万4250円となる。

また、オーテックジャパンが手がけるカスタムモデル「ライダー」と福祉車両の「チェアキャブ」についても継続設定される。ライダーは、ボディカラーが一部変更。チェアキャブは、電動式大型スライドステップを標準装備するなどし、使い勝手をよくしたという。
価格は、ライダーが267万5400円から350万700円、チェアキャブは341万5000円から443万2000円となる。

(webCG ワタナベ)

「キャラバン スーパーDX」
「キャラバン スーパーDX」

関連キーワード:
NV350キャラバン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
  • 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)【試乗記】 2012.7.30 試乗記 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)
    ……267万3300円

    発売後約1カ月で月販目標の3倍となる6000台を超えるなど、好調な立ち上がりを見せている「NV350キャラバン」。シェア8割以上を占める「トヨタ・ハイエース」にどこまで迫れるか。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る