ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジ

2007.09.04 自動車ニュース

ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジ

ダイハツ工業は2007年9月3日、軽自動車の「アトレーワゴン」をマイナーチェンジした。

今回のマイナーチェンジによって、エクステリア、インテリア、エンジンなど、ほぼすべての部位に手が加えられた。

エクステリアはフロントバンパーとフロントグリルが一新され、グレードによりトップシェイドガラスやドアミラーターンランプも装着される。
また、クリアレンズを採用したリアコンビネーションランプをすべてのグレードに標準装備。新ボディカラー(プラムブラウンクリスタルマイカ、ブライトシルバーメタリック)も加わった。

インテリアには、ベージュ基調の明るい内装色と質感が高いというシート表皮や、「アトレーワゴン」専用の2トーンインパネを新たに採用。ほかにもインテグレートCD・AM/FM付ステレオを標準で装備し、オートエアコンやセキュリティアラームなどの上級装備も装着される。

さらに、「走り、燃費、環境を高次元でバランスさせた」と謳う平成17年度排出ガス規制に対応した新型ターボエンジン「KF-DET型」が全グレードに搭載された。
このエンジンのアウトプットは64ps/5700rpm 10.5kgm/2800rpmと、先代のエンジン(64ps/5900rpm 10.5kgm/4000rpm)と較べてより低い回転数で最高出力を発生。FR車の10・15モードの燃費は14.6km/リッターから15.2km/リッターへと向上した。

価格は136万5000円から166万9500円。
なお、11月には「アトレーワゴン」の福祉車両「フレンドシップシリーズ」もマイナーチェンジされる予定である。

(webCG 玉城)


ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジの画像

ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジの画像

ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る