ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジ

2007.09.04 自動車ニュース

ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジ

ダイハツ工業は2007年9月3日、軽自動車の「アトレーワゴン」をマイナーチェンジした。

今回のマイナーチェンジによって、エクステリア、インテリア、エンジンなど、ほぼすべての部位に手が加えられた。

エクステリアはフロントバンパーとフロントグリルが一新され、グレードによりトップシェイドガラスやドアミラーターンランプも装着される。
また、クリアレンズを採用したリアコンビネーションランプをすべてのグレードに標準装備。新ボディカラー(プラムブラウンクリスタルマイカ、ブライトシルバーメタリック)も加わった。

インテリアには、ベージュ基調の明るい内装色と質感が高いというシート表皮や、「アトレーワゴン」専用の2トーンインパネを新たに採用。ほかにもインテグレートCD・AM/FM付ステレオを標準で装備し、オートエアコンやセキュリティアラームなどの上級装備も装着される。

さらに、「走り、燃費、環境を高次元でバランスさせた」と謳う平成17年度排出ガス規制に対応した新型ターボエンジン「KF-DET型」が全グレードに搭載された。
このエンジンのアウトプットは64ps/5700rpm 10.5kgm/2800rpmと、先代のエンジン(64ps/5900rpm 10.5kgm/4000rpm)と較べてより低い回転数で最高出力を発生。FR車の10・15モードの燃費は14.6km/リッターから15.2km/リッターへと向上した。

価格は136万5000円から166万9500円。
なお、11月には「アトレーワゴン」の福祉車両「フレンドシップシリーズ」もマイナーチェンジされる予定である。

(webCG 玉城)


ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジの画像

ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジの画像

ダイハツ「アトレーワゴン」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る