【スペック】全長×全幅×全高=4515×1745×1475mm/ホイールベース=2700mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=284万円(テスト車=332万5415円)

トヨタ・プリウス Sツーリングセレクション G's(FF/CVT)【試乗記】

あとはスピード 2012.02.29 試乗記 トヨタ・プリウス Sツーリングセレクション G's(FF/CVT)
……332万5415円

特別仕立ての内外装や足まわりで、“走りの味”を追求したという「トヨタ・プリウスG's」。試してみての、お味のほどは……?

メーカー自らイジりました

「最近のクルマは、あっちこっちコンピューターが埋めてあるから、なかなかエンジン、イジれないみたいよ」

−−チューナーの人たちは商売あがったりですね。
「そうでもない。シコシコ、ポート磨いているより、エアロパーツで一発当てた方が、ずっともうかるって……」

そんな会話を“事情通”としたのは、自分が草レースに夢中になっていたころだから、もう10年以上前のこと。時の過ぎ行く速さといったら、驚くばかり。「トヨタ・プリウス Sツーリングセレクション G's」を運転しながら、ちょっと“懐か・寂しい”気分になった。

「プリウス G's」は、その名の通り、GAZOO Racingが手がけたスポーツコンバージョンモデル。自動車メーカー自ら「走り」の味付けをして、「クルマの楽しさ」を提供するという、スペシャルグレードである。若者に限らず、世間のクルマ離れをなんとか押しとどめようと、大トヨタが腰を上げた試みだ。プリウスG'sは、「ノア/ヴォクシー」、「ヴィッツ」に続く、「G SPORTS(通称 G's)」モデル、第3弾となる。

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝く(予想)「トヨタ・アクア」の、プレス試乗会場の一角で、黒いスピンドルグリル風の口を開け、つり上がった目で参加者をにらんでいたのが、「CONTROL AS YOU LIKE 〜意のままに操る喜びを〜」なプリウスG'sだった。トヨタのエンブレムが外された、ツルン!としたノーズがかわいらしい。

「THS」ことトヨタハイブリッドシステム普及の役割を、弟分アクアに任せられて肩の荷が下りたか、プリウスの価格が若干上がった。ベーシックな「L」は205万円から217万円、中堅の「S」は220万円から232万円、上級版「G」が245万円から252万円といった具合。プリウス Sツーリングセレクション G'sのベースとなるSツーリングセレクションは、7万円アップで“素”の「G」と同じ252万円。G’sは、エクストラ32万円で284万円となる。

“クルマの味づくり”を追求するトヨタのプロジェクト「GAZOO Racing」から生まれた「G's」シリーズ。今回の「プリウスG's」は、「ノア/ヴォクシー」「ヴィッツ」に次ぐ第3弾のモデルである。
トヨタ・プリウス Sツーリングセレクション G's(FF/CVT)【短評】
専用のパネル類で飾られる、運転席まわりの様子。アルミペダルも特別装備のひとつ。
トヨタ・プリウス Sツーリングセレクション G's(FF/CVT)【短評】
すべてのシートは、赤ステッチの専用表皮で覆われる(写真はリアシート)。
トヨタ・プリウス Sツーリングセレクション G's(FF/CVT)【短評】
サイドからの眺め。専用チューニングサスペンションを備え、車高は通常より15mm低くなる。
トヨタ・プリウス Sツーリングセレクション G's(FF/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る