ダッシュボードをなくした、シトロエンのコンセプト「C-CACTUS」発表【フランクフルトショー07】

2007.09.04 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】ダッシュボードをなくした、シトロエンのコンセプト「C-CACTUS」発表

仏シトロエンは、2007年9月11から23日に開催されるフランクフルトモーターショーで、コンセプトカー「C-CACTUS」を公開する。

■ディーゼルエンジン+モーターのハイブリッドモデル

「C-CACTUS」は、「シトロエンC4」のプラットフォームをベースに設計された、ハッチバックスタイルのコンセプトカー。そのため全長×全幅×全高は4200×1800×1490mmと、「C4」のディメンション(4260×1773×1458mm)とほぼ同じ。車体の随所に軽量化・簡素化が施され、車重は「C4」より軽い1306kgに抑えられている。

心臓部には、最大69psを発揮するHDiディーゼルエンジンと、29psのモーターを搭載。トランスミッションは5段ATが組み合わされ、燃費は29.4km/リッターを達成したという。さらにCo2排出量換算値は、最新の「トヨタ・プリウス」が達成したばかりの値と同じ78g/kmと、環境性能のよさをアピールする。また、エアロダイナミクスにおけるCd値は0.35を記録し、空力への配慮も伺わせる。最高速は150km/h。

■斬新な内外装は簡素化の結果

「必要不可欠な快適装備と走るうえで必要な装備以外のすべてを取り除いた」という、このクルマ。そのインテリアを見てみると、ダッシュボードがないことに気づく。そのためほとんどの操作スイッチは、センターコンソールとステアリングホイールに集約されている。ほかにも、ヘッドランプ内蔵のフロントバンパーなど、ユニークな発想が数多く具体化された。

上述の簡素化に加え、キャビン内における多くの装飾装備や送風口、エアコンパネルには、economical(経済的)&ecological(環境保護)な材料であるコルクが使われるなど、徹底的にエコが考慮されたのも特徴である。

なお、このようなコンセプトのエコハッチバックを市販する際は、プラットフォームを共用している「C4」のベースグレード(日本モデルは239万5000円)に近いプライスタグで販売されるとのこと。

(webCG 玉城)

ダッシュボードがない!?シトロエンのコンセプト「カクタス」発表【フランクフルトショー07】

ダッシュボードがない!?シトロエンのコンセプト「カクタス」発表【フランクフルトショー07】
21インチのホイールに205/45R21の巨大シューズを履き、デザインのキーポイントになっている
ダッシュボードがない!?シトロエンのコンセプト「カクタス」発表【フランクフルトショー07】
シートやドアパネルには蝶や草木など自然を描いた絵が刻まれる
ダッシュボードがない!?シトロエンのコンセプト「カクタス」発表【フランクフルトショー07】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。