クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4240×1750×1430mm/ホイールベース=2660mm/車重=1370kg/駆動方式=FR/1.6リッター直4DOHC16バルブ(115ps/6000rpm、15.3kgm/4300rpm)/価格=295.0万円(テスト車=同じ)

BMW 116i(FR/6AT)【ブリーフテスト】

BMW 116i(FR/6AT) 2007.09.04 試乗記 ……295.0万円
総合評価……★★★★

BMWの現行ラインナップにおいて、エントリーモデルのなかのエントリーモデルといえる「116i」。そこにあるBMWらしさとは? 笹目二朗が試乗した。

軽快さが欲しい

BMWのエントリーモデル「BMW116i」が初めて接する人に与える印象は、興味深いところ。FRとしての特性は、功罪相半ばするからだ。
まったくアメリカンな造りの「BMW Z4」に比べ、1シリーズはBMW本来のスポーティなレイアウトをとる。たとえばエンジンルームを見ると、Z4のエンジン後方は隙間がガラガラに空いていて、運転席の足元も余裕が大きい。いっぽう116iは、エンジンがスカットルに飲み込まれるほど後方にマウントされ、ギアボックスのための張り出しが窮屈に見える。しかし、膝や脚で体を支えられれば、コーナリング中の強烈な横Gに耐えられるし、クルマとの一体感も得られる。もちろん重量物を真ん中に集中させることは、重心高を下げることと同じくらい重要なことだ。

ホイールベースを長く採ると、乗り心地や安定性に貢献することはセオリー通りであるし、前後の重量配分にも有利である。しかし、敏捷に旋回させるという意味ではマイナスだ。その昔、スポーツカーなどでは、ことさら短くとる「ショートホイールベース型」がもてはやされた時代さえある。
116iのロングホイールベースは、重量の重さとともに運動性能面ではネガティブに作用している。

注目の記事PR
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
注目の記事一覧へ

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2004年9月21日に発売が開始された「1シリーズ」は、BMWのエントリーモデルに位置付けられるハッチバック。駆動方式はBMWこだわりのFR(フロントエンジン・リアドライブ)とし、前:後=50:50に近い重量配分を実現した。現在のグレードは3種。1.6リッター直4を積む「116i」(115ps/6000rpm、15.3kgm/4300rpm)、バルブトロニックつき2リッター直4エンジンの「120i」(156ps/6400rpm、20.4kgm/3600rpm)そして、3リッター直6エンジンを搭載する「130i M-Sport」(265ps/6600rpm、32.1kgm/2750rpm)である。

(グレード概要)
BMWのラインナップにおいて、唯一、300万円以下の定価に抑えられている「116i」。ひとつ上のグレードである「120i」と比べると、内部トレー付きのフロントセンターアームレストやスポーツレザーステアリングホイール、自動防眩ルームミラーなどがオプション扱いとなる。
1.6リッターエンジンはバルブトロニックこそ導入されないものの、吸排気両方のバルブタイミングをコントロールするダブルVANOSは搭載。BMWのアイデンティティたる前:後=50:50の重量配分や、近年BMWが積極的に導入しているランフラットタイヤが実装されている。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
前方の眺めは他の1シリーズと同じで、メーターそのものはやや小振りながら読みやすく、タコメーターを右に見るのを好む向きは、気にいるだろう。BMWというブランドに期待して買う人に後悔はさせない。
ハンドル径はやや大きめで、握った感触も骨太。廉価版感覚はない。ウィンカーはワンタッチで自動的に3回点滅する世話好きタイプ。好き嫌い分かれる。

(前席)……★★★★
BMWはシート座面の前端部を引き出せる例も多い。これは省略されているけれども特に不都合はない。表皮の布地はやや安手ではあるが座り心地は良好。腰がすっぽり納まる感覚もBMW流で、サイドの盛り上がりは横方向のサポートに寄与する。座面の後傾斜角も十分。ギアボックスをクリアする部分の室内への張出は大きめだが、エンジンが後方にマウントされている証拠。

(後席)……★★★
FRゆえセンタートンネルの膨らみはFF車に比べて不利だが、中央に座る3人目を考えないで済む人には無関係。ボディ剛性を高めていると思えば納得できる。ヘッドクリアランスも頭髪が触れるほど狭くはない。広々感はないもののロングホイールベースの恩恵で腰部の圧迫感は少ない。ただし足元の余裕も少なめ。折り畳めるシートにしてはクッション厚い。

(荷室)……★★★
FF車のトランクと比較してもそれほど負けていない。ランフラットタイヤを装着しているのでスペアタイヤはナシ。リアシートを畳んで荷室を広げることも可能。ハッチバック形式なのでトレイの上にも空間はある。ゲートそのものはバンパーの高さから開き、フロアは更に低いので、小物が中から転げ落ちる心配はなさそう。内張りトリムにより仕上げは上々。


BMW 116i(FR/6AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

BMW 116i(FR/6AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

BMW 116i(FR/6AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。 拡大

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
全長4240mmのコンパクトサイズには1.6リッターで十分、回して楽しむ余地あり……と期待したが、1370kgの車両重量はやや重すぎ。しかし滑らかに回るし6段ATのステップアップ比は適当。どちらかと言えば高速域の方が元気だ。シフトはアップ時にはレスポンス良いがダウン時は繋がりが緩慢。やはり本来はクラッチ付きのMTで乗るべきクルマ。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★
舗装の新しい平滑な路面ではフラットながら、凸凹があるとボディの上下動は大きめ。バネ径やダンパー減衰力は硬めの設定ながら、ブッシュ類の選定は巧妙で、目地段差ハーシュネスなどG的なレベル(入力の強さ)は許容範囲。ランフラットタイヤにしては乗り心地まずまずだ。ただし、駆動系やタイヤなど、下まわりからの騒音は大きい。価格を考えると期待値はもうすこし上にある。
全長に対して長めのホイールベースは安定性に貢献。キビキビ動かすために、1シリーズはステアリングのギア比を詰めて対応している。落ちついた性格ながら、1.6リッターに期待する軽快感は今ひとつ。

(写真=峰昌宏)

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2007年8月6日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2007年型
テスト車の走行距離:3649km
タイヤ:(前)195/55R16(後)同じ(いずれも、ピレリeufori@(ユーフォリア))
オプション装備:--
走行状態:市街地(3):高速道路(7)
テスト距離:571.4km
使用燃料:62.5リッター
参考燃費:9.14km/リッター

関連キーワード:
1シリーズBMW試乗記

あなたにおすすめの記事