【スペック】全長×全幅×全高=4240×1750×1430mm/ホイールベース=2660mm/車重=1370kg/駆動方式=FR/1.6リッター直4DOHC16バルブ(115ps/6000rpm、15.3kgm/4300rpm)/価格=295.0万円(テスト車=同じ)

BMW 116i(FR/6AT)【ブリーフテスト】

BMW 116i(FR/6AT) 2007.09.04 試乗記 ……295.0万円
総合評価……★★★★

BMWの現行ラインナップにおいて、エントリーモデルのなかのエントリーモデルといえる「116i」。そこにあるBMWらしさとは? 笹目二朗が試乗した。

BMW 116i(FR/6AT)【ブリーフテスト】

軽快さが欲しい

BMWのエントリーモデル「BMW116i」が初めて接する人に与える印象は、興味深いところ。FRとしての特性は、功罪相半ばするからだ。
まったくアメリカンな造りの「BMW Z4」に比べ、1シリーズはBMW本来のスポーティなレイアウトをとる。たとえばエンジンルームを見ると、Z4のエンジン後方は隙間がガラガラに空いていて、運転席の足元も余裕が大きい。いっぽう116iは、エンジンがスカットルに飲み込まれるほど後方にマウントされ、ギアボックスのための張り出しが窮屈に見える。しかし、膝や脚で体を支えられれば、コーナリング中の強烈な横Gに耐えられるし、クルマとの一体感も得られる。もちろん重量物を真ん中に集中させることは、重心高を下げることと同じくらい重要なことだ。

ホイールベースを長く採ると、乗り心地や安定性に貢献することはセオリー通りであるし、前後の重量配分にも有利である。しかし、敏捷に旋回させるという意味ではマイナスだ。その昔、スポーツカーなどでは、ことさら短くとる「ショートホイールベース型」がもてはやされた時代さえある。
116iのロングホイールベースは、重量の重さとともに運動性能面ではネガティブに作用している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る