第54回:市街地サーキットからお届けするポルトガル自動車事情

2007.09.03 エッセイ

第54回:市街地サーキットからお届けするポルトガル自動車事情

市街地コース脇に珍しいクルマたち

 WTCCは、ETCC(ヨーロッパツーリングカー選手権)を前身とするツーリングカーのレースで、ETCC時代から欧州では根強い人気を誇ります。ちょっと他のレースと違うのは、それがテレビ主導のレースだという点。そのため、競技時間はたったの25分! レースはすさまじい勢いで展開し、マシン同士は接触を全く気にしないアグレッシブな走りを目の当たりにできるのがWTCCの大きな魅力です。今回訪れたポルトは、海のほとりにある公園の周りをサーキットに仕立てた市街地コース。そのため、路面μは低いしコース幅はかなり狭いで、接触・激突などによって破損するクルマも多々見られました。取材中、私の目の前10m先にクルマが激突した時には生きた心地がしませんでした……。

 市街地サーキットでは、真近で過激な走りを堪能できるのが大いなる魅力。その一方でポルトサーキットは、住宅街や幹線道路と隣接している(!)ため、暮らしに根付いたクルマも同時に見ることができました。その中には、日本でなかなか見ることができない珍しいクルマもちらほらと……。
せっかくなので、WTCCの取材の傍ら、気になるクルマををチェックしてきました。以下、私の目にとまった珍しいモデルを紹介します。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ