【スペック】レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック:全長×全幅×全高=4355×1900×1605mm/ホイールベース=2660mm/車重=1730kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(240ps/5500rpm、34.7kgm/1750rpm)/価格=598万円(テスト車=640万円/Prestige/Dynamicテクノロジーパック=29万円/アダプティブダイナミクス=13万円)

ランドローバー・レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック/イヴォーク ピュア【試乗記】

才色兼備のベイビーレンジローバー 2012.02.28 試乗記 ランドローバー・レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック(4WD/6AT)/レンジローバー イヴォーク ピュア(4WD/6AT)
……640万円/496万円

コンセプトカーがそのまま路上に降り立ったかのような「レンジローバー イヴォーク」。この当代一のスタイリッシュSUVは、箱根でどんなフットワークを見せるのか。

5ドアと3ドアの同時発売

2008年のデトロイトショーにコンセプトカーとして登場した「LRX」の市販バージョンが「レンジローバー・イヴォーク」だ。コンセプトカーの名前が「RRX(レンジローバーX)」ではなく、「LRX(ランドローバーX)」だったということは、08年段階ではレンジローバーとして売るか、それともランドローバーとして売るか、決まっていなかったのかもしれない。それはともかく、レンジローバーを「ヘビーデューティーもこなせるプレミアムSUV」、ランドローバーを「プレミアムSUVにも引けをとらないヘビーデューティー」と分類するなら、イヴォークはレンジローバーの一員であるべきだと、乗ってみて感じた。

試乗前には“カッコスペシャル”なんだろうと思っていた。手持ちのリソースを用い、デザインに力を集中させることでモデルを増やす、どのメーカーもやっているもうけ主義の金太郎あめ商法かと。イヴォークを説明するのに、プラットフォームを「ランドローバー・フリーランダー2」から、エンジンをフォードからそれぞれ拝借して、ボディーだけオリジナルをかぶせた、はやりのクロスオーバーと説明することもできる。が、その説明は正しいようでいて、実際にはまったくふさわしくない。

その説明がなぜふさわしくないかを説く前に、クルマの概要を。5ドアと3ドアがあり、5ドアを「イヴォーク」、3ドアを「イヴォーク クーペ」と呼ぶ。イヴォークには「ピュア」と「プレステージ」、クーペには「ピュア」と「ダイナミック」と、それぞれふたつのグレードが用意される。5ドアと3ドアは全長、全幅、ホイールベースは同じ。全高のみクーペ(1605mm)のほうが3cm低いのだが、デザイン処理が秀逸なので、ドアの枚数以外は全く同じデザインに見える。見分けるには、外から眺めるより運転席でルームミラーを見たほうがいい。クーペのリアウィンドウは「のぞき窓かよ!」ってくらいに天地方向に薄いから。視認性は確保されている。本国にはリア定員2人の4人乗り仕様もあるが、日本仕様は5ドアも3ドアも5人乗り。

エンジンは1種類で、2リッター直4の直噴ターボを横置きする。ハルデックス製センターカップリングを採用したオンデマンド式の4WDも全車共通。レンジローバーが始め、その後多くのSUVが取り入れた「テレイン・レスポンス」(エンジンレスポンス、ギアボックス、ブレーキ、スタビリティコントロールを統合制御して、駆動力を最大限に引き出すシステム)のほか、210mmのロードクリアランス、500mmの渡河水深限界と、レンジローバーを名乗るだけのオフロードスペックを備えている。

カタログには14色のボディーカラーが載り、ルーフの色を変えることもできる。この「イヴォーク クーペ ダイナミック」はボディーがコリマ・ライム、ルーフがブラックの組み合わせ。
カタログには14色のボディーカラーが載り、ルーフの色を変えることもできる。この「イヴォーク クーペ ダイナミック」はボディーがコリマ・ライム、ルーフがブラックの組み合わせ。
「大胆でスポーティー」をテーマとする「ダイナミック」仕様は、室内のカラーコーディネーションもアグレッシブだ。これは「エナジー」と呼ばれるインテリア。
「大胆でスポーティー」をテーマとする「ダイナミック」仕様は、室内のカラーコーディネーションもアグレッシブだ。これは「エナジー」と呼ばれるインテリア。
このテスト車には「Prestige/Dynamicテクノロジーパック」(29万円)と呼ばれるオプションが付く。パノラミックグラスルーフ、キーレスエントリー、アダプティブ・キセノンヘッドランプ、パワーテールゲート、コールドクライメートパック、ステアリングホイールヒーターがその内容。
このテスト車には「Prestige/Dynamicテクノロジーパック」(29万円)と呼ばれるオプションが付く。パノラミックグラスルーフ、キーレスエントリー、アダプティブ・キセノンヘッドランプ、パワーテールゲート、コールドクライメートパック、ステアリングホイールヒーターがその内容。
大胆なフォルムは、コンセプトカー「LRX」をそのまま量産化したかのようだ。
大胆なフォルムは、コンセプトカー「LRX」をそのまま量産化したかのようだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始 2017.4.5 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年4月5日、「ランドローバー・ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー ファーストエディション」の受注を開始した。同年4月17日まで注文を受け付けた後、抽選を経て30台限定で販売する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランドローバー・レンジローバーSVオートバイオグラフィー(前編) 2017.4.20 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」に試乗する。最もぜいたくでパワフルなレンジローバーを、谷口はどう表現するのだろうか。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る