【スペック】全長×全幅×全高=4415×1740×1475mm/ホイールベース=2620mm/車重=1370kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブツインスクロールターボ(250ps/6000rpm、34.0kgm/2400rpm)/価格=246万7500円(テスト車=292万9500円)

スバル・インプレッサS-GT(4WD/5MT)【ブリーフテスト】

スバル・インプレッサS-GT(4WD/5MT) 2007.09.03 試乗記 ……292万9500円円
総合評価……★★★
フルモデルチェンジによってハッチバックのみのラインナップに変化した「スバル・インプレッサ」。WRXモデルが予期されるなか、現状の最速モデル「S-GT」に試乗した。

スバル・インプレッサS-GT(4WD/5MT)【ブリーフテスト】

難しいポジション

フルモデルチェンジからしばらくの間、トップモデルとしての役割を担う「スバル・インプレッサS-GT」。それは、さらにスポーティなSTI版がそう遠くない将来に登場することを意味し、それが公然の秘密なのだから、インプレッサS-GTのポジションはなんとも微妙である。

そんなS-GTを試乗すると、スポーティさを程よく抑えた性格が意外に快適で、日常の足として使うには適している。一方、最高出力は250psとはいえ、実用十分すぎるパワーを誇るエンジンに対して、サスペンションの味付けは中途半端な印象を受ける。難しいポジションにあるとはいえ、もう少しはっきりした性格を与えたほうが、買う側にはわかりやすいと思うのだが。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
ホームへ戻る