第86回:フォルクスワーゲンの広告キャンペーン

2007.09.01 エッセイ

第86回:フォルクスワーゲンの広告キャンペーン

シンプル&ファン

“15690”、いったいなんの数字かと思うだろう。
まことに単純でストレートな広告である。この数字は、「VWゴルフ Wemebley TDI」の価格を表したもの(日本円で約210万円)。コレをいかに強く、興味深く見せるかをコンセプトにつくられた。数字だけを中央に“ドン”とおき、よけいな装飾を一切省いて、必要最小限の情報だけで、広告として成立させているところがスゴイ。価格訴求力の高さに加えて、数字にさまざまな模様をつけたり、ソーセージで表現しありと、夢のある軽さ、楽しさ、おもしろさのイメージ付けもされる。

日本では、スーパーのチラシなどに、価格訴求キャンペーンは見られる。一方、クルマなどの高額商品においては少ないので、VWの広告には、ちょっとした驚きを感じた。

Volkswagen Golf Wembley TDI“Ridiculous Price”/France
アートディレクター:Hugues Pinguet
コピーライター:Oliver Apers
エージェンシー:Louis XIV DDB/Paris

(文=金子秀之/2003年3月20日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。