第83回:フォルクスワーゲン・トゥアレグの広告(その2)

2007.09.01 エッセイ

第83回:フォルクスワーゲン・トゥアレグの広告(その2)


第83回:フォルクスワーゲン・トゥアレグの広告(その2)

トゥアレグが、右2輪を石段に乗り上げている。路上駐車なら歩道に乗り上げる程度だから、これはちょっと異常だ。しかも、建物の出入り口に設けられた、3段もある石段である。
これは「70% axle articulation」(車軸の動き)や「Permanent four wheel drive」(フルタイム4WD)など、SUVとしての高い性能を誇張したものだろう。「Wait,I'll take you to the door.」(まぁまぁ、玄関までお送りしますから)とは、シャレている。

Der Touareg/Germany
アートディレクター:Ralf Nolting
コピーライター:Ralf Heuel、Patricia Patzold
フォトグラファー:Edo Fraterman
エージェンシー:Grabarz&Partners/Hamburg(文=金子秀之/2004年2月28日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。