第67回:Roy Graceを偲ぶ(その5)

2007.09.01 エッセイ

第67回:Roy Graceを偲ぶ(その5)

旅行カバンメーカーのアメリカン・ツーリスター「ゴリラ」(1971年)。いかにカバンが頑丈かをアピールしている。

迫力!

ナレーション

不慣れなベルボーイたち、乱暴なタクシーの運転手、不注意なドアボーイ、残酷なポーター、野蛮な手荷物係、荷物をいつも落とす人々……。
私たちは、こんなあなたにピッタリのスーツケースをつくりました。


このCMは、アメリカン・ツーリスターの旅行カバンが丈夫であることを表現するため、投げつけたり踏んづけても壊れない、と主張する。それだけではあまり面白くないが、デモンストレーターにゴリラを起用したアイディアが抜群だ。彼なら“トランクいじめ”に手心を加えることもないし、なにしろ迫力がものすごい。初めてこのCMを観たときは、度肝を抜かれた。

【American Tourister“Gorilla”】

American Tourister“Gorilla”
アートディレクター:Roy Grace
コピーライター:Marsha Bell Grace
フォトグラファー:Irv Deutsch
プロダクション:Director's Studio
エージェンシー:Doyle Dane Bernbach/NY
(1971 The Art Directors Club Gold Medal)

(文=金子秀之/2003年10月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。