第50回:懐かしい「MINI」で……(前編)

2007.09.01 エッセイ

第50回:懐かしい「MINI」で……(前編)

ミニの広告?

かつて「ミニ」をつくっていた英国の自動車メーカー「ROVER」(ローバー)は、1999年BMW社に買収された。ミニの現行モデルは、現在BMW社がつくっていることは、webCG読者ならご存じの方も多いと思う。読者のなかには、昔のローバー「ミニ」を、今もって愛用している方もいらっしゃるだろう。“オリジナル”ミニは、多くの日本人に愛されていたからだ。本国イギリスで年間販売台数が2000台ほどの時、日本は1995年に8195台、96年は7319台、97年は7576台と、圧倒的に販売台数は多かった。だから日本人のファンが多いのもうなずける。

ここに紹介するポスターは、英国旗のユニオンジャック、ピアノの鍵盤、陸上トラックなどのなかに、ミニをはめ込んだユニークな絵柄だ。しかし、このポスターはコピーどころか、社名ロゴも入っていない。広告なら、当然社名くらいは入れるはずなのだが、いったいなぜ?

(2003年6月14日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。