第45回:『バイクかクルマか 〜BMW C1〜』(前編)

2007.09.01 エッセイ

第45回:『バイクかクルマか 〜BMW C1〜』(前編)

1台のオートバイが、自動車の後に並んで洗車待ちしている。こんなことってありえない! 外国の広告によくある奇抜な発想だろうか? と疑って見てしまう。

バイクが洗車待ち!?

これは、BMWが1999年の「フランクフルトモーターショー」で発表したモデル「C1」の広告である。ちょっと見たところ、ピザの宅配バイクのようなこの乗り物は、BMWが自動車とモーターサイクルの融合を目指して開発した“シティーコミューター”なのだ。自動車だけでなく、オートバイメーカーとしても有名な、BMWらしい乗り物といえるかもしれない。
しかし、諸事情により日本には導入されていない。その理由を次回にご紹介する。(続く)

(2003年5月10日)

BMW C1/Milan
アートディレクター:Stefano Rosselli/Vicky Gitto
コピーライター:Vicky Gitto/Stefano Rosselli
フォトグラファー:Pier Paolo Ferrari
エージェンシー:D'Adda Lorenzini、Vigorelli BBDO/Milan

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。