第37回:『2002年カンヌ国際広告祭 -動画編-』(その3)

2007.09.01 エッセイ

第37回:『2002年カンヌ国際広告祭 -動画編-』(その3)

フィルム部門で金銀銅、各1本づつ受賞
「TOYOTA CELICA&COROLLA」

2002 年のカンヌ国際広告祭、フィルム部門の受賞リストを見ると、応募本数は5059本。うちグランプリ1つ、金賞19本、銀賞31本、銅賞48本、合計99本という狭き門をくぐり抜け、トヨタは受賞にこぎつけたのである。内訳は、金賞と銅賞がセリカ、銀賞がカローラ。日本のクライアント1社で、金、銀、銅賞、各1本ずつ受賞した例は近年になく、喜ばしいことだ。ただし、どちらもアメリカとイギリスの広告代理店、サッチ&サッチが制作したものである。TOYOTAは取材に応じてくれたので、詳しくお伝えしよう。

セリカの戦略

セリカの戦略は、正真正銘のスポーツカー、乗る人に感動を与えてくれるクルマであることを強調し、若い男性を惹きつけるスタイリングやドライビングの信頼性を高め、トヨタブランドの若返りを目指した、と関係者は語ってくれた。

今回のキャンペーンには、3つの狙いがある。
1)広くセリカそのものを知ってもらう
2)セリカが本格的なスポーツカーであることを、男性顧客に納得させる
3)若い顧客を獲得する

作品:TOYOTA CELICA “Dog”

閑静な住宅地。1台の赤いセリカが停まっている。突然犬が疾走し、ゴチン! とクルマの後部に激突して、トボトボと家に帰る。停まっていても、速く走っているように見えるので、犬が追いかけていってぶつかったのだ。

字幕スーパー
「速そうに見えるのです」
「新しいセリカのアクションパッケージ」
「TOYOTA isthistoyota.com」

【セリカCM「Dog」】

TOYOTA CELICA “Dog”/USA
クリエイティブディレクター:Neal Foard/Doug Van Andel
コピーライター:Sherry Hawkins
アートディレクター:Verner Soler
プロダクション:Independent Media/Santa Monica
ディレクター:Chris Smith
エージェンシー:Saatchi&Saatchi/LA

(2003年3月15日)

閑静な住宅街に停められた赤いセリカに……。CM動画ファイルへのリンクは、ページ下部にあります
第37回:『2002年カンヌ国際広告祭 -動画編-』(その3)
犬も思わず追いかける? セリカのサイドビュー
(写真は日本仕様)
第37回:『2002年カンヌ国際広告祭 -動画編-』(その3)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。