第21回:『マイクロカー、スマートのメリット その3』

2007.09.01 エッセイ

第21回:『マイクロカー、スマートのメリット その3』

全長2.54mの小さなボディに、0.6リッター直3SOHCインタークーラー付きターボを搭載し、10・15モードで19km/リッター以上走る、2人乗りのマイクロカー「スマート」。日本でも目にするようになったスマートを、ちょっとオシャレに紹介する広告です。

大空の大きさは……

2人乗りのマイクロカー「スマート」を、こともあろうに、アメリカを代表する大型サルーン「キャディラック コンバーチブル」と比較している!
コピーは、「コンバーチブルであれば、空の大きさは同じである」。クルマの大きさは違っても、見える空の大きさは同じなのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。