第15回:『アメリカ、環境保全の公共広告』

2007.09.01 エッセイ

第15回:『アメリカ、環境保全の公共広告』

今回は、アメリカの環境保全の広告を紹介します。日本でも山道などでみかける「動物注意」の標識。3枚の写真にはその看板のそばに、動物が倒れている。クルマにはねられたのだろう。標識には、「動物の飛び出しに注意」とでも書かれているのかと思ったら……。

1)Ever consider that it was you who jumped out in front of him?
「飛び出してきたのは、あなたの方だと考えたことはありませんか?」

動物だって、正面にあなたが飛び出してくれば、ビックリしてしまうことでしょう。

2)Imagine a road running through the middle of your house.
「アナタの家の真ん中に、道路が通っていると想像してください」

自然は動物にとって家。その家の真ん中に人間は勝手に道路をつくり、「動物が飛び出してきた」といっても理由にはならない。

3)When wildness is destroyed its not just the trees that get cut down.
「自然が破壊されて失われるのは、木だけではない」
*Cut downには、「木を切り倒す」と、「ギャング抗争や戦争で、相手を殺し倒す」という意味がある。

ギクリとさせられることが書いてある。自然を破壊することは樹木を伐採するだけでなく、そこに棲んでいる動物たちをも殺すことなのだ。

人間は「動物に注意」などといいながら、心のなかでは動物たちよりも“エライ”といった、優位性を置いている。それを逆の立場にしてみると、こんな広告ができあがるのだ。確かに森は動物たちの住居で、人間や道路のほうが侵入者なのである。動物たちにしてみれば、「人間の飛び出しに注意」しなければならない状況なのだ。

この広告をつくった関係者は、「私たちは、現在バークレーから東に約20マイル。サンフランシスコから45マイルの、コントラ・コスタ郡で活動しています。運がよいことに、カーキーネス海峡に沿った北側は湿地帯に囲まれ、風致地区として保護されています。
私たちは野生の生き物や、景色の良い回廊地帯などを保護するため、この風致地区に接する土地を購入しており、保護活動によって近年、湾岸地域で急速に展開している乱開発を防いでいるのです」と語る。

これは、サンフランシスコ湾地域の環境を守るため、多くの人々から寄付を仰ぐ、ムイル・ヘリテイジ財団のキャンペーンなのだ。海外では自然を保護するための運動が盛んだが、ここに紹介した3枚の写真は、きわめて説得力のあるすぐれた公共広告である。

Muir Herritage Land Trust/USA
アートディレクター:Tony Bennett
コピーライター:Chris Halas
フォトグラファー:Tony Bennett
広告代理店:GMO Hill/Holiday/San Francisco

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。