第13回:『トヨタ レクサス アメリカでの広告 その1』

2007.09.01 エッセイ

第13回:『トヨタ レクサス アメリカでの広告 その1』

今回は、トヨタ「レクサス GS400」のアメリカでの広告を紹介します。
この広告をつくった人が、「300psを発するGS400の運転は、アナタを想像したことないほどワクワクさせる、ということを伝えたかった」と語るように、レクサスのハンドリングの良さやエンジンの力強さを、視覚的にユーモラスに表現した作品です。

TOYOTA Lexus“Mustard”/USA

道ばたにあるホットドッグの屋台。傍らで、ワイシャツ姿の男がマスタードを絞り出す。その男の隣をちょうど通りかかったような、背広姿の男をよくみると、顔とスーツの右半分にかけてマスタードが飛び散っている。なにがあったのだろうか?300psの最高出力を誇る「レクサス GS400」が、目の前の道路を走り抜けたのだ。レクサスが巻き起こした風圧で、マスタードを飛び散らしたのである。

TOYOTA Lexus GS400“Mastard”/USA
クリエイティブディレクター:Tom Cordner/Steve Levit
アートディレクター:Pat Zimmerman
コピーライター:Rob Stewart
フォトグラファー:Harry DeZitter
広告代理店:Team One Advertising

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。