第12回:『日産、イギリスでの広告 その3』

2007.09.01 エッセイ

第12回:『日産、イギリスでの広告 その3』

今回は、1999年から2000年に英国で製作された「アルメーラ」の、日本の広告にはない一ひねりあるコピーをお楽しみください。

3)A CLASS-LEADING SIXTY LITRE FUEL TANK. HANDY FOR GETTING YOU FROM A TO C.

同クラスでも群を抜く、60リッターのガソリンタンク。あなたを、A地点からC地点まで(*)運びます。

*通常は、「A地点からB地点まで」というが、ガソリンタンクの容量が大きいので、B地点以上までいける、という意味。

Put a tiger in your tank? You can get an elephant in ours. The new Almera has a bigger fuel tank than any other car in its class. Which, combined with our fuel efficient 16 valve 1.5 or 1.8 litre.
Petrol, or 2.2 litre direct injection engines, gives you a journey range of up to 650 miles. Each of which is made all the more enjoyable thanks to multi-link beam rear suspension. The New Almera. Rmember to keep a note of where the petrol cap is.

ガソリンタンクに虎を入れる? 私たちのクルマのタンクなら、象が入ります。新しいアルメーラは、同じクラスのどの車種よりも、大きなガソリンタンクを備えます。タンクは燃費のよい、1.5リッターまたは1.8リッター16バルブエンジンとの組み合わせです。ガソリン、もしくは2.2リッター直噴ディーゼルエンジンは、最高650マイルの航続距離を持ちます。どちらも、リアのマルチリンク式サスペンションによって、より楽しめるクルマです。新しいアルメーラ、ガソリンタンクのキャップをどこに置いたか、メモしておかないと、忘れるくらいガソリンのもちがよいです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 秀之

金子 秀之

早稲田大学商学部卒業。資生堂のアートディレクターとして前田美波里のサマーキャンペーンを担当。1973年博報堂のクリエイティブ・ディレクターとして、サントリーの「ブランディ水で割ったらアメリカン」キャンペーンを手がける。1993年(有)クエスターを設立。広告製作及び海外広告の紹介をして現在にいたる。