クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4560×2035×1180mm/ホイールベース=2600mm/車重=1580kg/駆動方式=MR/3.3 リッターV6DOHC24バルブ(233ps/5600rpm、33.4kgm/4400rpm)/価格=1050.0万円(テスト車=1100.0万円/本革シート=20.0万円/パール塗装=30.0万円)

ミツオカ・オロチ(MR/5AT)【試乗記】

我流は点睛を欠かず 2007.08.31 試乗記 ミツオカ・オロチ(MR/5AT)
……1100.0万円

“免許取り立ての人でもすぐに乗れるスーパーカー”がコンセプトの「ミツオカ・オロチ」。その真意を探る。

リアのツインショックはこだわり

2007年5月に国交省の型式認定を取得したことを受け、「ミツオカ・オロチ」のプレス試乗会が開催された。2001年の東京モーターショーでの初登場から6年の歳月を経て、本当に発売されることとなったのだ。そのコンセプトは、“免許取り立ての人でもすぐに乗れるスーパーカー”。パワーなどスペックを競うのではなく、まずはそのスタイルを楽しんでもらいたいとメーカーである光岡自動車はいう。

それにしても、撮影中や試乗中にここまで注目されたのは久しぶりのことである。「フェラーリ」や「ランボルギーニ」の比ではない。まわりのペースに合わせて走っているのに、前の車がどんどん道を開けてくれる。他のどんな車にも似ていない、どこから見てもオロチだとわかるこのデザイン、筆者は結構好きである。

そのボディの下は、光岡自身の手になるオリジナルのスチール製スペースフレーム。前後ダブルウィッシュボーンサスペンションで、リアは左右にそれぞれ2本ずつのダンパーを持つ。フロント部分にはラジエターを挟む形でアルミ製の衝撃吸収装置「クラッシュボックス」を採用。四角く囲まれたフレームの中に収まるエンジンはトヨタから供給される3MZ-FE(北米用「ハイランダー」や「ハリアーハイブリッド」などが搭載する)で、5段ATが組み合わされる。

誰もが乗れるスポーツカーを目指したのだから、性能面でフェラーリやランボルギーニはおろか、間違っても「ホンダNSX」とハンドリングを較べてもいけない。しかし、オリジナルのフレームを作ったことからもわかるように、手抜きは一切なく、我流を通す。

注目の記事PR
注目の記事一覧へ
幅広いサイドシルには“MITSUOKA”の文字が。300色あるというボディカラーとあわせてレザーインテリアのカラーもオーナーの好みとセンスでコーディネートできる。フルレザーシートは20万円、パール系塗装は30万円のオプション。
ミツオカ・オロチ(MR/5AT)【短評】

高速向きの足まわり

タウンスピードでのゴツゴツとした突き上げはけっして小さいものではなかったが、スポーツカーとして想像の範囲内。大きめの段差を超えた時など、FRPにスチールのドアをつけたボディが、まったくガタピシいわない、というわけでもない。
足まわりと後方から聴こえてくるエンジン音、アイポイントの低さ、ボディの大きさなどでオロチを運転していることを意識させられるが、その実、あまりにフツーに走り出したので、背の低い「クルーガーV」でも運転しているかのようだった。

100km/h走行時、エンジン回転数は5速でちょうど2000rpm。3.3リッターのV6エンジンは加速時に少々重たさを感じた。シフトノブに目をやると、MTモードを持たない、ODボタンの付いた5段ATがあるだけ。ここはレザーのインテリアに見合った色気が欲しい。
100km/hを超え、120km/hあたりから途端に足がしなやかになる。長距離ドライブも快適にこなせそうだ。140〜150km/hという速度域になると、もう少しリフトを抑えてほしいと思う。しかし、オロチはあくまでスタイルが命。ここはトレードオフということになるのだろう。

フロント:245/45ZR18、リア:285/40ZR18というサイズの、「TOYO PROXES T1R」を履く。フロントボンネットフード下には大きなラジエターが備わり、左右には「クラッシュボックス」と呼ばれるアルミ製の衝撃吸収装置が備わる。シート後部のほか、エンジンルーム後部にもラゲッジスペースを確保した。
ミツオカ・オロチ(MR/5AT)【短評】

4年間で400台を受注生産

シャシーの開発責任者である寺尾公伸氏は元ホンダのエンジニアでATの開発を行なっていた。また、足まわりのセッティングをはじめ、開発アドバイザー/テストドライバーを務めたのは、元マツダで「RX-7」や「ロードスター」の操安性を担当していた小田昌司氏である。小田氏は特にリアのスクォットを抑えることに注力した。エンジンを囲むフレームは角型のパイプで、比較的剛性を取りやすかったという。

15名ほどの職人による手作りの車ゆえ、年間生産台数は100台、今後4年間で400台を受注生産する予定である。根っからのクルマ好きは見向きもしないかもしれない。おどろおどろしいまでのスタイルに魅せられた、いわゆるエンスーとはベクトルの異なるクルマ好きが主なユーザーになろう。

現在の受注状況は約50台。6月中旬現在で、正式注文すると来年の5月頃納車になるという。今欲しいという顧客も多く、新たな予約が入る一方で、すぐ手に入らないとわかると、キャンセルされるのがメーカーのもっぱらの悩みだとか。

(文=中村昌弘/写真=荒川正幸/『CAR GRAPHIC』2007年8月号)

関連キーワード:
オロチミツオカ試乗記

あなたにおすすめの記事