7人乗車可、トヨタの中型SUV「ヴァンガード」デビュー

2007.08.30 自動車ニュース

7人乗車可、トヨタの中型SUV「ヴァンガード」デビュー

7人乗車可、トヨタの中型SUV「ヴァンガード」デビュー

トヨタ自動車は2007年8月30日、新型SUVの「ヴァンガード」を発表した。


7人乗車可、トヨタの中型SUV「ヴァンガード」デビューの画像

7人乗車可、トヨタの中型SUV「ヴァンガード」デビューの画像

■アーバンシーンに映えるデザイン

「ヴァンガード」は、いつの間にかカタログ落ちした「クルーガー」に代わる中型SUV。クルーガーが「ハリアー」と姉妹車だったのに対し、ヴァンガードは「RAV4」とプラットフォームを共用する。RAV4より全長を長く採られ、2列シートの5人乗りのほか、3列シートの7人乗りも用意されるのが特徴。
ワイルドさとオフロードテイストをウリとしたクルーガーと違い、「アクティブ&ラクシャリー」をテーマとする同車は、アーバンシーンに映えるよう、内外装にも上質感が求められた。

サスペンションやエンジンまわりも基本的にRAV4のものを基本とするが、ヴァンガードには2.4リッター直4のほか、3.5リッターV6エンジンが用意され、さらに駆動方式は4WDのみとなる部分が大きく異なる。
トランスミッションは直4にはCVTが、V6には5段ATが採用された。

価格は、264万6000円から334万9500円まで。月の目標販売台数を2500台に設定する。


7人乗車可、トヨタの中型SUV「ヴァンガード」デビューの画像

7人乗車可、トヨタの中型SUV「ヴァンガード」デビューの画像

■北米版RAV4をベースに

ベースは前述したRAV4であるが、北米などで販売されるロングボディ版のそれが由来。彼の地では直6モデルも7人乗りも存在する。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4570(−115)×1855(+30)×1690(−30)mm(V6モデル、カッコ内はクルーガー比)と、クルーガーより短く、ホイールベースも2660mmと55mm短縮された。

力強さと上質感を兼ね備えたというエクステリアは、ワイド&ローのプロポーションにメッキ加飾がほどこされる。フロントフェンダー上の死角確認用ミラーの代わりに、助手席側ドアミラーに補助確認装置が設置されたのは、デザイン面での配慮でもあろう。

後部ハッチはRAV4同様に横開き。背負い式のスペアタイヤをオプションとし、パンク修理キットを全車に標準搭載。軽量化とともに荷室スペースの拡大などにも貢献する。


7人乗車可、トヨタの中型SUV「ヴァンガード」デビュー

■280psエンジンも用意

エンジンはRAV4同型の2.4リッター直4(170ps、22.8kgm)に加え、ハリアーでも採用された3.5リッターV6(280ps、35.1kgm)も用意される。それぞれCVTと5段ATが組み合わされる。
駆動方式は4WDに限られ、いずれのグレードにも電子制御のアクティブトルクコントロールが備わる。すなわち通常はFF状態で走行し、必要に応じて駆動力を後輪に配分するもの。S-VSCと組み合わせることで、電動パワーステアリングとブレーキ、駆動力、前後輪トルク配分を、車両安定のために協調制御する。

上り坂の発進で後退を抑えるヒルスタートアシストコントロールと、急坂を下る際に車速を制御するダウンヒルアシストコントロールも全グレードに標準採用。V6モデルにはオフロードでの走行で活躍する、4WDロックモードも備わる。


7人乗車可、トヨタの中型SUV「ヴァンガード」デビュー

■標準でカーテンシールドエアバッグが

サスペンションもRAV4と共通の、前マクファーソン・ストラット/後ダブルウィッシュボーン。リアダンパーは斜めに配置され、荷室効率を高める。

安全装備として運転席&助手席エアバッグはもちろん、前後席の横面をカバーするカーテンシールドエアバッグも標準。衝突時に背中が沈み込むことで頸部の衝撃を緩和する、WILコンセプトシートもフロントシートに採用された。

グレードは「240S」「350S」にそれぞれ5人と7人乗りをラインナップ。そのほか、本革+アルカンターラ内装とされ、パワーシートやシートヒーターなどの上級装備を与えた“Gパッケージ”も用意される。
ヴァンガードの販売は、トヨペット店、カローラ店が担当する。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
ヴァンガードトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.27 試乗記 アルファ・ロメオの新型SUV「ステルヴィオ」に高性能バージョンの「クアドリフォリオ」が加わった。510psを絞り出す2.9リッターV6ツインターボユニットを得て、その走りはどう変わったか? アラブ首長国連邦随一の峠道に挑む。
  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.31 試乗記 見た目はキープコンセプトながら、多くの先進機能を携えて登場した3代目「BMW X3」に試乗。そのライバル車に対するアドバンテージはどこにあるのか。内外装の出来栄えや、走行性能をチェックした。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る