「アウディA6/A6アバント」に2.8リッターFSIエンジンが追加

2007.08.29 自動車ニュース
(写真=荒川正幸)
「アウディA6/A6アバント」に2.8リッターFSIエンジンが追加

「アウディA6/A6アバント」に2.8リッターFSIエンジンが追加

アウディジャパンは、新型の2.8リッターV6 FSIエンジンを搭載した「アウディA6 2.8FSIクワトロ/A6アバント 2.8FSIクワトロ」を、2007年8月29日から発売する。

新型「2.8リッターV6 FSIエンジン」
「アウディA6/A6アバント」に2.8リッターFSIエンジンが追加

新型エンジンは、従来からのFSIガソリン直噴技術に加え、新たにバルブコントロール技術「アウディバルブリフトシステム」を搭載。210psの出力と、28.6kgm(3000〜5000rpm)のトルクを発揮する一方、各パーツの摩擦抵抗軽減も手伝い、以前の2.8リッターV6エンジンと較べて燃費が10%向上したという。

価格は、A6 2.8FSIクワトロが628.0万円、A6アバント 2.8FSIクワトロが654.0万円。共に右ハンドル、6速ティプトロニック仕様となる。

また今回、2.8FSIクワトロがラインナップに加わったのに伴い、他のグレードも以下のとおり、装備が変更された。

・「SEパッケージ」に含まれるレザーシートを「ボルテラレザー」から「ミラノレザー」へ変更。
・S-lineパッケージを選択時、デコラティブパネルおよびセンターコンソール部分を「ピアノフィニッシュブラックウッドパネル」へ。A6は、リヤスポイラーが「アウディS6」と同形状のトランク一体型となる。
・A6/A6アバント3.2FSIクワトロならびに4.2FSIクワトロでは、S-lineパッケージのエクステリアパーツ(専用バンパー、リヤスポイラー)が標準装備される。S-lineパッケージに含まれるホイールは19インチに変更となった。

(webCG 依田)

関連キーワード:
A6A6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • 谷口信輝の新車試乗――フェラーリ812スーパーファスト(前編) 2018.6.14 mobileCG 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
ホームへ戻る