「アウディA6/A6アバント」に2.8リッターFSIエンジンが追加

2007.08.29 自動車ニュース
(写真=荒川正幸)
「アウディA6/A6アバント」に2.8リッターFSIエンジンが追加

「アウディA6/A6アバント」に2.8リッターFSIエンジンが追加

アウディジャパンは、新型の2.8リッターV6 FSIエンジンを搭載した「アウディA6 2.8FSIクワトロ/A6アバント 2.8FSIクワトロ」を、2007年8月29日から発売する。

新型「2.8リッターV6 FSIエンジン」
「アウディA6/A6アバント」に2.8リッターFSIエンジンが追加

新型エンジンは、従来からのFSIガソリン直噴技術に加え、新たにバルブコントロール技術「アウディバルブリフトシステム」を搭載。210psの出力と、28.6kgm(3000〜5000rpm)のトルクを発揮する一方、各パーツの摩擦抵抗軽減も手伝い、以前の2.8リッターV6エンジンと較べて燃費が10%向上したという。

価格は、A6 2.8FSIクワトロが628.0万円、A6アバント 2.8FSIクワトロが654.0万円。共に右ハンドル、6速ティプトロニック仕様となる。

また今回、2.8FSIクワトロがラインナップに加わったのに伴い、他のグレードも以下のとおり、装備が変更された。

・「SEパッケージ」に含まれるレザーシートを「ボルテラレザー」から「ミラノレザー」へ変更。
・S-lineパッケージを選択時、デコラティブパネルおよびセンターコンソール部分を「ピアノフィニッシュブラックウッドパネル」へ。A6は、リヤスポイラーが「アウディS6」と同形状のトランク一体型となる。
・A6/A6アバント3.2FSIクワトロならびに4.2FSIクワトロでは、S-lineパッケージのエクステリアパーツ(専用バンパー、リヤスポイラー)が標準装備される。S-lineパッケージに含まれるホイールは19インチに変更となった。

(webCG 依田)

関連キーワード:
A6A6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ジュネーブモーターショー2018(その11) 2018.3.9 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。アウディは新型「A6」を初公開した。新型「A7スポーツバック」とともに、その姿を画像で紹介する。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
ホームへ戻る