「ゴルフGT TSI」「ゴルフGTI」一部仕様変更

2007.08.29 自動車ニュース

「ゴルフGT TSI」「ゴルフGTI」一部仕様変更

フォルクスワーゲングループジャパンは、「ゴルフGT TSI」及び「ゴルフGTI」の仕様を変更。2007年8月28日に発売した。

「ゴルフGT TSI」「ゴルフGTI」は、ターボーチャージャー(TSIは+スーパーチャージャー)を搭載した直噴エンジンに、フォルクスワーゲンが誇る2ペダル6段MTトランスミッション「DSG」が組み合わされているスポーティなグレード。

「ゴルフGT TSI」は、グリルカラーをこれまでのボディ同色からブラックに変更し、よりスポーティなエクステリアを実現したと謳う。あわせてシートデザインを変更し、新たにレザーシートをオプション(21.0万円)として用意した。

また、両グレードにおいて、紫外線をカットし断熱効果の高い「ダークティンテッドガラス」をリア(リアドア、リアクォーター、リアハッチガラス)に採用した。

価格は、「ゴルフGT TSI」が308.0万円、「ゴルフGTI」(6MT/DSG)は332.0万円/347.0万円で、ともに従来より3万円高となる。

(webCG 玉城)

「ゴルフGT TSI」
「ゴルフGT TSI」
「ゴルフGTI」
「ゴルフGTI」
ダークティンテッドガラス
ダークティンテッドガラス

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る