メルセデスEクラスに2.5リッターモデルが追加、特別仕様車も

2007.08.28 自動車ニュース

メルセデス・ベンツEクラスに2.5リッターモデルが追加、特別仕様車も

ダイムラー・クライスラー日本は2007年8月27日、メルセデス・ベンツのアッパーミディアムセダン/ワゴンである「Eクラス」に、2.5リッターV6エンジン搭載のエントリーモデル「E250」を追加設定。同時に、E250デビューを記念した特別仕様車も発売した。

E250のエンジンは、最高出力204ps、最大トルク25.0kgmを発揮する2.5リッターV6 DOHCユニット。先にデビューした「Cクラス」にも搭載されたものと同型である。

内外装には、ユーカプリタスウッド・インテリアトリムや本革巻きステアリング、16インチアルミホイールやクローム付き専用フロントグリルなどを採用。最廉価グレードながら、「Eクラスの品格をそのままにした」(プレスリリース)と謳われる。
さらに安全装備でも他グレード同様に、「PRO-SAFE」コンセプトが採り入れられた。

価格は、セダンが640.0万円、ワゴンが696.0万円となり、どちらもハンドル位置は右のみ。

また、特別仕様車「E250デビューパッケージ」もグレード追加と同時に設定された
こちらはセダンベースのみが用意され、「E300」同等の上級装備が与えられながらもベース車12.0万円高となるお買い得車。限定で500台の発売となり、ボディカラーはカルサイトホワイト(250台)、オブシディアンブラック(250台)から選ぶことができる。価格は652.0万円。

(webCG 本諏訪)


メルセデスEクラスに2.5リッターモデルが追加、特別仕様車もの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る