【スペック】全長×全幅×全高=5085×1985×1740mm/ホイールベース=3000mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/3.6リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、36.7kgm/2500-5000rpm)/価格=698.0万円(テスト車=832.0万円/SEパッケージ=39.0万円/20インチアルミホイール+タイヤ=27万円/アダプティブ・エアサスペンション=40万円/アダプティブ・クルーズコントロール=28万円)(以下、写真は欧州仕様車)

アウディQ7 3.6 FSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗記】

手が届くプレミアムSUV 2007.08.28 試乗記 アウディQ7 3.6 FSIクワトロ(4WD/6AT)
……832.0万円

発売開始から半年を経て、V8エンジンのみのラインナップだったQ7に3.6リッターV6エンジン搭載モデルが追加された。絶妙なプライスタグとその実力を比較する。
こうしてみると、背の高いSUVというよりはワゴンのように見えないこともない「Q7」。
アウディQ7 3.6 FSIクワトロ(4WD/6AT)【短評】

700万円で買えるQ7

うまいところを突いてきたな、と思う。これまでV8 4.2リッター一本のモノグレードだった「アウディQ7」にV6 3.6リッターエンジン搭載のQ7 3.6FSIクワトロが加わったのだが、その価格が698万円とされたのだ。

これは同門の「フォルクスワーゲン・トゥアレグV6」(549万円)より高めながら、「BMW X5 3.0i」(667万円)、「メルセデス・ベンツML350」(722万円)、「ランドローバー・ディスカバリー3 HSE」(759万円)などに真っ向から挑む値づけである。Q7のクーペを思わせる流麗なプロポーションやしっかりと作り込まれた印象の強いインテリアに惹かれながら、945万円のプライスタグを見てため息をついていた向きには、待ちに待った朗報といえるだろう。

もっとも、4.2FSIで標準だった装備がことごとく抜け落ちているようでは、698万円の価値も半減してしまう。ところが、嬉しいことに3.6 FSIの装備はなかなか充実しているのだ。ざっと見わたしたところ、4.2に標準で3.6にないのはレザーインテリアと3列シートくらい。とはいえ、ふたつともオプションとしてリストアップされており、価格も合計で84万円とまずまずリーズナブルな範囲に収まっている。

ちなみに、今回借用した広報車はレザーインテリアを含むSEパッケージ(39万円)や20インチ・アルミホイール+タイヤ(27万円)のほか、4.2でもオプション扱いとなるアダプティブ・エアサスペンション(40万円)やアダプティブ・クルーズコントロール(28万円)などを装備していたが、これでも総額は832万円。つまり、4.2よりまだ100万円以上も安いのだから、3.6がどれだけお買い得かがわかる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る