新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円

2007.08.27 自動車ニュース

新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円

BMWジャパンは3シリーズのハイパフォーマンスモデルである、新型「M3クーペ」を2007年9月15日に発売する。

■エネルギー回生システムを採用

既報の通り、新型に生まれ変わった「M3」が、日本でいよいよ発売となる。
カーボン製のルーフとボンネットに盛り上がったパワーバルジ、そして2本ステーのドアミラーなどが、外観上の特徴。

エンジンには従来の直6ではなく、「M5」に搭載するV10エンジンから2気筒分を切り落とした、4リッターV8エンジンが採用される。直6エンジンよりエンジン単体では15kg軽量化された。パフォーマンスは最高出力420ps/8300rpm、最大トルク40.8kgm/3900rpm。コンベンショナルな6段MTを介し、後輪を駆動する。0-100km/h加速は4.8秒と謳われる。

新機軸として採り入れられたのが、エネルギーの回生システム。ブレーキング時や、アクセルペダルを戻しての走行時に、バッテリーを充電する。バッテリーの充電が十分な場合は、エンジンパワーをオルタネータに取られることがなくなるため、その分のパワーを加速などに回すことができ、さらに燃費も向上するという。

■Mドライブはオプションで

新設計されたという前後サスペンションは、軽量化と剛性アップがなされたという。特にフロントサスペンションは、車体に路面から伝わる入力を均一に分散させる役目を持つ、アルミニウム合金製の補強パネルが備え付けられる。

「M5」などで採用された「Mドライブ」も、45.0万円のパッケージオプションで用意される。これは、電子制御サスペンションや、DSC+トラクションコントロールセッティング、エンジンコントロールのマッピング、パワステのレスポンスなどを調節できるというもの。

18インチタイヤを標準とし、19インチもオプションで装着できる。上級車らしく、レザー内装や前席シートヒーター、AVやカーナビなどをコントロールするiDriveなども標準で備わる。電動ガラスサンルーフもオプションで用意されるが、こちらを選ぶと特徴のカーボンルーフははずされ、スチール製ルーフに変更される。

価格は996.0万円。ハンドル位置は左右を選ぶことができる。

(webCG 本諏訪)

 
新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円の画像
 
新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円の画像
 
新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円の画像
 
新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円の画像

関連キーワード:
M3クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
ホームへ戻る