新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円

2007.08.27 自動車ニュース

新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円

BMWジャパンは3シリーズのハイパフォーマンスモデルである、新型「M3クーペ」を2007年9月15日に発売する。

■エネルギー回生システムを採用

既報の通り、新型に生まれ変わった「M3」が、日本でいよいよ発売となる。
カーボン製のルーフとボンネットに盛り上がったパワーバルジ、そして2本ステーのドアミラーなどが、外観上の特徴。

エンジンには従来の直6ではなく、「M5」に搭載するV10エンジンから2気筒分を切り落とした、4リッターV8エンジンが採用される。直6エンジンよりエンジン単体では15kg軽量化された。パフォーマンスは最高出力420ps/8300rpm、最大トルク40.8kgm/3900rpm。コンベンショナルな6段MTを介し、後輪を駆動する。0-100km/h加速は4.8秒と謳われる。

新機軸として採り入れられたのが、エネルギーの回生システム。ブレーキング時や、アクセルペダルを戻しての走行時に、バッテリーを充電する。バッテリーの充電が十分な場合は、エンジンパワーをオルタネータに取られることがなくなるため、その分のパワーを加速などに回すことができ、さらに燃費も向上するという。

■Mドライブはオプションで

新設計されたという前後サスペンションは、軽量化と剛性アップがなされたという。特にフロントサスペンションは、車体に路面から伝わる入力を均一に分散させる役目を持つ、アルミニウム合金製の補強パネルが備え付けられる。

「M5」などで採用された「Mドライブ」も、45.0万円のパッケージオプションで用意される。これは、電子制御サスペンションや、DSC+トラクションコントロールセッティング、エンジンコントロールのマッピング、パワステのレスポンスなどを調節できるというもの。

18インチタイヤを標準とし、19インチもオプションで装着できる。上級車らしく、レザー内装や前席シートヒーター、AVやカーナビなどをコントロールするiDriveなども標準で備わる。電動ガラスサンルーフもオプションで用意されるが、こちらを選ぶと特徴のカーボンルーフははずされ、スチール製ルーフに変更される。

価格は996.0万円。ハンドル位置は左右を選ぶことができる。

(webCG 本諏訪)

 
新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円の画像
 
新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円の画像
 
新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円の画像
 
新型「BMW M3」は4リッターV8で、996万円の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る