第5回:脱・殿様商売? イタリア自動車業界、噂の「セカンドライフ」に進出(大矢アキオ)

2007.08.25 エッセイ

第5回:脱・殿様商売? イタリア自動車業界噂の「セカンドライフ」に進出(大矢アキオ)

アルファ・ロメオ・ボッドキャストから。
http://vodcast.alfaromeo.it/
第5回:脱・殿様商売? イタリア自動車業界、噂の「セカンドライフ」に進出(大矢アキオ)

イタリアの自動車ディーラー

イタリアのクルマディーラーでは、カタログを1冊もらうのも大変である。
日本のように「いかがですか?」などとニコニコしたセールスマンが寄ってきてくれないからだ。こちらから呼び止めないといけない。

カタログが欲しいと言っても、一見さんにはたいてい薄い簡易版カタログしかくれない。ちゃんとした美装本カタログは、商談まで進むか、顔見知りのセールスマンがいないともらえる確率は低い。

たとえ成約にいたるくらい真面目な商談をしても、お茶が出ることはないし、帰りに「産地直送 渥美マスクメロン」といったご成約プレゼントを持たせてくれることもない。

そもそも昼休みがあるので、営業時間を確かめて行かないと無駄足になることがある。大きな街の主力ショールームを除き、土曜午後・日曜は原則として休みだ。

一般車のディーラーですらこんな具合である。「フェラーリ」や「ランボルギーニ」を扱う店などは、敷居をまたぐことからして勇気がいる。
だから東京でイタリア製某スーパースポーツカーのショールームをフラッと訪れた時の対応には驚いた。入った途端、お姉さんに「どうぞお掛けになってみてください」とクルマのドアを開けられ、傍らのテーブルでオレンジジュースまでご馳走になった。「すげえ国だナ」と思ったものだ。

とにもかくにもイタリアの自動車ディーラーは、日本から見れば「殿様商売」なのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。