SUVライクなコンパクトジープ「パトリオット」発売

2007.08.24 自動車ニュース

SUVライクなコンパクトジープ「パトリオット」発売

ダイムラー・クライスラー日本は、ジープブランド初のコンパクトSUV「ジープ・パトリオット」を2007年8月25日に発売する。

■初のコンパクトSUV

2005年9月のフランクフルトショーでお披露目された「ジープ・パトリオット」。2年の時を経て、ようやく日本に上陸する。

ジープブランド初となるコンパクトSUVは、スリーサイズが全長×全幅×全高=4420×1810×1665mmでホイールベースは2635mm。車重は、1530〜1550kgにおさまる。
エクステリアは、平面で構成され、堅牢強固なイメージを強調。縦型のスロットグリルや貝殻のようなボンネット、丸型ヘッドライトなど伝統的な「ジープ顔」をもつ。

ツートーンカラーのインテリアには、汚れが付きにくいクロスとレザー、2種類のシートが用意される。6:4の分割可倒式リアシートはリクライニング機能を備え、助手席のシートバックは前に倒すことで多目的テーブルに。あわせて、スキー板など長尺物の積載を容易にする。

■2.4リッター直4+CVT

エンジンは、「ダイムラー・クライスラー」「ヒュンダイ」「三菱」の3社による合弁会社「グローバル・エンジン・マニュファクチャリング・アライアンス」(GEMA)により開発された、2.4リッター直4。可変バルブタイミング機構を備え、170ps/6000rpm、22.4kgm/4500rpmを発生する。
トランスミッションは、CVTのみ。4段ATに比べて燃費が6〜8%向上したという。

肝心の四駆システムは「フリーダムドライブI」と呼ばれるもので、センターデフのロック機能を備えた電磁センターカップリング(ECC)により、トラクションを制御する。
ABS、BTCS(ブレーキトラクションコントロールシステム)、ERM(エレクトロニックロールミティゲーション)付きESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)などの機能は標準で備える。

価格は、ベーシックな「スポーツ」が294万円、上級グレードの「リミテッド」は329万7000円(サンルーフ付きは340万2000円)。すべて右ハンドルでラインナップする。

(webCG 関)

「ジープ・パトリオット」
「ジープ・パトリオット」

SUVライクなコンパクトジープ「パトリオット」発売の画像
助手席&リアシートをフラットにした様子。
助手席&リアシートをフラットにした様子。
写真はすべて本国仕様車。
(写真=ダイムラー・クライスラー)
写真はすべて本国仕様車。
(写真=ダイムラー・クライスラー)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)/フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.1 試乗記 長野県は白馬で「ジープ・レネゲード トレイルホーク」と「フィアット500Xクロスプラス」に試乗。雪道での試乗を通して感じた、同じプラットフォームから生まれた“兄弟車”とは思えない、両モデルの個性の違いをリポートする。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る