「フォード・エクスプローラー」に快適装備をプラスした限定車

2007.08.22 自動車ニュース

「フォード・エクスプローラー」に快適装備をプラスした限定車

フォード・ジャパン・リミテッドは、「フォード・エクスプローラー エディバウアー」に、限定車「プレミアム アピアランス」を設定し、2007年9月1日に発売する。販売台数は75台。

「エクスプローラー エディバウアー プレミアム アピアランス」は、フォード・ジャパンが、2007年9月1日から11月18日まで開催する「“Play Max!”キャンペーン」で毎月発表する限定車の第一弾。
4.6リッターV8エンジンを搭載する上級モデル「エディバウアー」をベースに、快適装備を充実させたモデルだ。

エクステリアには、専用アルミホイールや、フロント/サイドアンダーミラー、サイドリピーター付クロームドアーミラーが備わる。
車内は、運転席シートメモリー/イージーエントリー&イグジット、助手席6ウェイパワーシートを追加。さらに、前席シートヒーター、電動アジャスタブルペダルメモリー、AUXジャック(オーディオインプットジャック)が装備される。

ボディカラーは、ブラックとオックスフォードホワイトの2色を用意。
価格は、ベース車から15.0万円アップの535.0万円となる。

(webCG ワタナベ)

「フォード・エクスプローラー」に充実装備の限定車

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
ホームへ戻る