「日産エクストレイル」、フルモデルチェンジで2代目へ

2007.08.22 自動車ニュース

「日産エクストレイル」、フルモデルチェンジで2代目へ

日産自動車は、SUV「X-TRAIL(エクストレイル)」をフルモデルチェンジし、2007年8月22日に発売した。

■めざすは「エクストレイル・ブランド」

日産のSUVモデル「エクストレイル」は、2000年10月にデビュー。それから7年、世界167か国で約80万台が販売されたという。売れっ子SUVである。

日産いわく、「ミドル級SUVにおけるシェアはトップ」であり、「レンジローバーのように、ブランドのDNAを大切に育てたい」。
期待の2代目はキープコンセプトに徹し、「アウトドアスポーツを最大限満喫するためのTOUGH GEAR(タフ・ギア)」を標榜する。ターゲットは、20代のアクティブな独身男性だ。

一見して「エクストレイル」とわかるボディは135mm長くなり、5名乗車時の荷室が最大603リッターに増えるなど、「ガンガン使い倒せるクルマ」のキャラクターにいっそう磨きがかけられた。
機関では、ターボモデルを廃し、かわりに排気量の大きな2.5リッターモデルをラインナップ。組み合わされるトランスミッションは、4ATがCVTに。電子制御四駆システム「4×4i」を備え、オフロード走破性もさらに追求された。

価格は、199万5000円(2リッターFF/CVT)から253万500円(2.5リッター4WD/CVT)まで。国内における月間の目標販売台数は2000台となっている。

■荷室は引き出し付き

2代目「エクストレイル」のエクステリアデザインは、初代と見まごうボクシーなもの。雪や泥がついてもすぐにそれとわかる、ゴツゴツしたカタチを意識したという。一方で、前後のバンパーやリアクォーターガラスの輪郭に「X」のモチーフを織り交ぜるなど、遊び心も取り入れられた。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4590×1785×1685mmで、ホイールベースは2630mm。先代からの伸長分は、幅20mm、高さ10mm、ホイールベースで5mmとわずかだが、全長のみ135mmも伸びている。
増分は、主に荷室にあてられた。5名乗車時の容量は410リッターから479リッターへ。さらに、床面に設けられた引き出し式のアンダートレイを取り除けば、603リッターまで拡大できる。なお、シートをフルフラットにした場合の最大荷室容量は、1773リッターである。

■2代目も「水はへっちゃら」

荷室のフロアボードやアンダートレイは水洗い可能。室内のフロアや天井には防水加工が施されるなど、アウトドアユースへの対応はお手のものだ。
先代で特徴とされた「防水シート」も引き継ぐものの、座面と背もたれのシート地に防水透湿素材「セルクロス」を用いて蒸れを防ぐなど、弱点の見直しにも余念がない。
そのほか、保温保冷機能をあわせもつカップホルダー(前後席とも)、後席に独立したエアコン吹き出し口などを備える。

センターメーターは廃され、大型のコンビメーターがドライバーの目の前に置かれる。停車時にステアリングを跳ね上げ運転席まわりを有効活用できる「ポップアップステアリング」は、上級グレード「X」のみの装備になった。

■エンジンはNAのみ

エンジンは、同社の「デュアリス」などに搭載される2リッター直4「MR20DE」(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)と、「ムラーノ」などに使われる2.5リッター直4「QR25DE」(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)の二本立て。どちらも低回転からの豊かなトルクをウリにする。
「パフォーマンスに対して価格が割高だった」(広報部)というターボモデルは、カタログから姿を消した。

組み合わされるトランスミッションが4ATからCVTに変更されたのもニュース。2.5リッターモデルは、6段シーケンシャルモードつきの「エクストロニックCVT」となる。MTは、2リッターの4WDモデル「20X」にのみ設定される。

■悪路向きのハイテクが満載

高い悪路走破性を謳う足まわりは、フロントがマクファーソン・ストラットで、リアが新開発のマルチリンク式。ドライバーのハンドル&アクセル操作までセンシングし、コーナリングラインを予測、四輪へのトルク配分を制御する「オールモード4×4i」システムが、新型のヨンク性能を支える。

さらに、急勾配の下りで車速を7km/hに抑える「ヒルディセントコントロール」(4WDのCVT搭載車)、上り坂の発進でズリ下がりを防止する「ヒルスタートアシスト」(4WD全車)など、多くのハイテク装備が備わる。

(webCG 関)

新型「日産エクストレイル」。
新型「日産エクストレイル」。
リアビューも、エクストレイルらしさをキープ。
ランプ付きの名物ルーフレール「ハイパールーフレール」はオプションとして健在である。
リアビューも、エクストレイルらしさをキープ。
ランプ付きの名物ルーフレール「ハイパールーフレール」はオプションとして健在である。
荷室フロアの右側には、引き出しが備わる。フロアパネルごと取り外すと荷室高は1012mmになり、さらにシートを倒せば、前輪を外すことなく26インチのMTBが縦に収納できる。
荷室フロアの右側には、引き出しが備わる。フロアパネルごと取り外すと荷室高は1012mmになり、さらにシートを倒せば、前輪を外すことなく26インチのMTBが縦に収納できる。
インパネ中央には、センターメーターの代わりに、ティッシュボックスが入る「大容量インストアッパーボックス」が設けられた。
インパネ中央には、センターメーターの代わりに、ティッシュボックスが入る「大容量インストアッパーボックス」が設けられた。
「MR20DE」エンジン。先ごろ、2008年秋に新型クリーンディーゼルモデルが国内で追加投入されることもアナウンスされた。
「MR20DE」エンジン。先ごろ、2008年秋に新型クリーンディーゼルモデルが国内で追加投入されることもアナウンスされた。
発表会場で注目されたのは、やはり「荷室」。
発表会場で注目されたのは、やはり「荷室」。
東京銀座の日産ギャラリーには、「雪山を登るエクストレイル」が飾られた。
東京銀座の日産ギャラリーには、「雪山を登るエクストレイル」が飾られた。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
ホームへ戻る