「アウディTT」シリーズ、装備充実で価格チョイ増し

2007.08.21 自動車ニュース
 
「アウディTT」シリーズ、装備充実で価格変更

「アウディTT」シリーズ、装備充実で価格チョイ増し

アウディ・ジャパンは、「TTクーペ」「TTロードスター」の装備を見直し、価格を変更。2007年8月20日に発売した。

日本で2006年10月に発売開始した「TTクーペ」(写真上)、2007年6月に発売した「TT ロードスター」(写真下)をあわせた、今年7月末までの国内累計販売台数は2760台だという。
写真はともに欧州仕様。(写真=アウディ)
「アウディTT」シリーズ、装備充実で価格変更

TTクーペに、TTロードスターで標準となっている「自動防眩ミラー」「レインセンサー」「オートライト」を標準装備した。

エクステリアでは、クーペ、ロードスターそれぞれの2リッターターボモデル「2.0 TFSI」に、オプション設定であった「7Yスポークアルミホイール&17インチタイヤ」を標準化。
さらに、「7アームデザインアルミホイール&18インチタイヤ」(TTクーペ3.2 クワトロに標準)もオプションで選べるようにした。

さらに、新たなオプションとして、スポーティな内外装を演出する「S-line(エスライン)パッケージ」を設定。オーナーの好みに合わせて内外装の色や素材が選べるオーダーメイドプログラム「Audi exclusive(アウディ エクスクルーシブ)」も用意した。

価格は、以下(カッコ内は、旧価格との差額)
・「TTクーペ 2.0 TFSI」:455万円(+15万円)
・「TTクーペ 3.2 クワトロ」:585万円(+11万円)
・「TTロードスター 2.0 TFSI」:484万円(+5万円)

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る