【スペック】全長×全幅×全高=5605×1985×1580mm/ホイールベース=3320mm/車重=2680kg/駆動方式=FR/6.7リッターV12DOHC48バルブ(460ps/5350rpm、73.4kgm/3500rpm)/価格=5218万5000円(日本仕様)

ロールス・ロイス・ファントム・ドロップヘッド・クーペ(FR/6AT)【海外試乗記(前編)】

歴史と威厳(前編) 2007.08.21 試乗記 ロールス・ロイス・ファントム・ドロップヘッド・クーペ(FR/6AT)

約2年ぶりの新モデルとなるロールス・ロイスのコンバーチブル「ファントム・ドロップヘッド・クーペ」。『CAR GRAPHIC』高平高輝がイタリアはトスカーナで試乗した。

ひとつの頂点

見上げれば、そこにはトスカーナの抜けるような蒼い空だけ。このクルマの上には何もない。ちょうどリバイバル・ミッレミリアが行なわれる週末、トスカーナの丘を走る「ロールス・ロイス・ファントム・ドロップヘッド・クーペ」は、贅沢この上ない陽光と風に祝福されているようだった。そう感じたのは値段やサイズゆえではない。このドロップヘッド・クーペが一般的なクラスやジャンルをはるかに超えたクルマだったからである。

かつてはトスカーナ大公レオポルド2世の狩猟の館だったというホテルは、ティレニア海からの潮風がかすかに感じられる丘陵地にあった。葡萄とオリーブの畑に囲まれた丘の上に立つそのヴィラの佇まいは16世紀の頃とほとんど変わらないように見えたが、落ち着いた雰囲気の部屋の中には高速インターネットのプラグが隠されているし、最新のスパ施設もある。ちなみにアラン・デュカスが共同経営者だから、グルメ派も文句はないはずだ。

ちょっと前からトスカーナではこのように古い建物を改装した上等なホテルや別荘が目につく。その場合、外観はできる限り昔どおりに維持するのが定法で、ホテルの案内看板にしても注意していないと見過ごしてしまうほど控えめだ。

それもこれもすべては雰囲気を壊さないため。まったく新しいものを一気に建てたほうが簡単で安上がりかもしれないが、それは法で規制されていなくても愚かで尊敬されない行為である。都会のアパートメントでも、煤けた外壁が信じられないほどモダーンで快適な室内を持つものが珍しくない。クラシックとモダンの融合は宣伝文句などではなく、ヨーロッパではごく当たり前に日常生活に溶け込んでいるのだ。

遠い昔の貴族の生活を髣髴とさせながら、現代的な設備を持つ高級ホテルは、新生ロールス・ロイスにとっての3番目のニューモデル、ファントム・ドロップヘッド・クーペの国際試乗会の舞台として真に相応しく思えた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ファントムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る