【スペック】全長×全幅×全高=4515×1910×1765mm/ホイールベース=2660mm/車重=1920kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(232ps/6300rpm、32.3kgm/3200rpm)/価格=530.0万円(テスト車=同じ)

ランドローバー・フリーランダー2 HSE(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

ランドローバー・フリーランダー2 HSE(4WD/6AT) 2007.08.20 試乗記 ……価格=530.0万円
総合評価……★★★★
ランドローバーのエントリーモデル「フリーランダー2」。フルモデルチェンジしてふたまわり大きくなった新型のオンロードにおける実用性を検証した。

大人になった末っ子

現行のレンジローバーから始まった新しいデザインが、「ディスカバリー3」「レンジローバースポーツ」を経て、この「フリーランダー2」に到達した。“幾何学的”と表現される直線的なフォルムには、シンプルでありながらオフローダーが持つ無骨さがなく、かわりにモダーンな雰囲気が漂い、加えて寝かされたフロントウィンドウや、サイドビューにアクセントを与えるショルダーラインなどが、乗用車ライクな雰囲気を打ち出している。旧型フリーランダーが兄たちとは別の個性を強く放っていたのと較べると、あまりに真っ当すぎるようにも思えるが、やはりひと目でランドローバーファミリーの一員とわかるデザインのほうが何かと好都合なのだろう。

実際、フリーランダー2を目の前にすると、レンジローバーの全長より40cm以上も短いのに、長男譲りのゴージャスで堂々とした空気が伝わってくる。走らせてみても、その上質さを実感できる仕上がりのよさに、期待は裏切られない。いままでよりも手軽に高級SUVブランド・ランドローバーに触れたいという人には格好の一台になるはずだ。

 
ランドローバー・フリーランダー2 HSE(4WD/6AT)【ブリーフテスト】の画像
 
ランドローバー・フリーランダー2 HSE(4WD/6AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.18 試乗記 最高出力550psの過給機付き5リッターV8エンジンを搭載し、オンロードでの動力性能を突き詰めた「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」。強烈なパフォーマンスとランドローバーならではの上質感が織り成す、走りの魅力に触れた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る